• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2022.05.20(金)
    Post:5 Tweet: Like:

    薬師池ウェルカムゲート前で「バス停留所」新設工事進む。今夏までに完成目指す

    kanachu20220519_1.jpg
    <写真>町田駅方面のバスベイ整備工事現場。箱型擁壁の設置が進む。
    薬師池ウェルカムゲート前で「バス停留所」新設工事始まる。野津田方面は連節バス対応の続きです。

    鎌倉街道 今井谷戸交差点近くの観光施設「町田薬師池公園 四季彩の杜 ウェルカムゲートの正面で
    町田市によるバス停留所の新設に向けた「バスベイ整備工事が、2021年5月下旬から着工していますが、
    工事の遅れから工期が5ヶ月延び、2022年8月下旬の工事完了を目指して作業が進められています。
    →地図を表示(東京都町田市本町田、※座標は野津田方面側)

    今井谷戸~薬師池間に、新たなバス停留所を設置へ

    kanachu20220519_2.jpg
    これは2020年6月に全面オープン(※公園部は4月に先行開園)した市の観光施設へのアクセス向上を目的に
    施設前の鎌倉街道上に新設されるもので、計画段階では2020年の施設開業時に設置を目指していましたが、
    市が関係機関との協議などに時間を要したことから、後に2020年度中の完成見込みに計画が変更されたものの、
    その後入札不調で施工業者が決まず、工期見直し後の再入札で「ASAHI POSIST-1株式会社」に業者が決まり、
    2021年5月下旬~2022年3月中旬の工期で進められていましたが、2022年3月に工期変更が発表されていました。

    野津田方面は施設正面の鎌倉街道上にある道路拡幅用地を使って「連節バス対応バスベイ」を設け、
    町田駅方面は地形の関係で連節バス対応型ではなく「通常サイズのバスベイ」を設置する予定となっています。

    kanachu20220519_3.jpg
    町田駅方面ではバスベイ設置用スペースを確保するため、斜面を削る作業が先行して進められ、
    現在も作業スペース確保の関係で鎌倉街道は部分的に道路が蛇行した状態が続いていますが、
    現在は箱型擁壁の設置が急ピッチで進められています。

    今井谷戸と薬師池バス停の中間に位置し、町田駅発着の本町田経由路線(町53・町55)などの一般路線に加え、
    完成後には神奈中の連節バス「ツインライナー」を使った町田バスセンターからの臨時便停車も想定しており、
    2022年8月末までの完成を目指します。

     【使用予定路線】
     [町25] 町田バスセンター→野津田車庫(深夜バス)
     [町35] 野津田車庫→町田バスセンター(土曜早朝1本)
     [町53] 町田駅~本町田~鶴川駅(日中は毎時1本)
     [町55] 町田駅~本町田~野津田車庫(日中は毎時3本)

    工事情報
    町田薬師池公園四季彩の杜ウェルカムゲートバスベイ整備工事
    施工場所: 東京都町田市本町田
    工期:2021年5月下旬~2022年8月31日(予定)
    施工概要:工事延長 L=208.02m
    掘削工(片切掘削) S=1210㎥
    掘削工(小規模) S=370㎥
    法面整形 S=335㎡
    高木伐採 N=63本
    高木伐根 N=48本
    箱型擁壁工 L=42.7m
    自由勾配側溝工A(300×400) L=11.2m
    自由勾配側溝工B(300×500) L=160.3m
    街きょ工(155型 一般部) L=196.5m
    境石工(一般部) L=205.8m
    半たわみ性舗装60型 A=143㎡
    切削オーバーレイ(t=5cm) A=1076㎡
    パイプ柵工 L=230.0m
    区画線設置工(白色 実線・ゼブラ幅15cm) L=20.0m
    区画線設置工(黄色 実線 幅15cm) L=202.8m
                                外
    事業主:町田市
    施工業者:ASAHI POSIST-1株式会社
    ※いずれも2022年05月20日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    路線バス
    神奈川中央交通(路線バス)
    停留所新設(路線バス)
    連節バス「ツインライナー」(路線バス)
    鎌倉街道(都市計画道路)
  • 路線バス
  • 神奈川中央交通(路線バス)
  • 停留所新設(路線バス)
  • 連節バス「ツインライナー」(路線バス)
  • 鎌倉街道(都市計画道路)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    5件
    1. 本町田住民 (2022年05月19日 22:16)

      市は薬師池公園を観光の目玉にでもしようとしているようだが、
      薬師堂も小さいし梅園といいハス田といい、なんか中途半端な気がする
      いっそのこと牡丹園、ダリア園も薬師池公園内に異動させればいい

    2. 中町住民 (2022年05月20日 21:53)

      『主要地方道府中町田線(鎌倉街道)薬師池Ⅰ期』による4車線化を想定した整備となっているのでしょうか?
      バスベイや歩道を考えると6車線に近い幅員が必要と思われますが、見た目大丈夫なのか微妙です。
      連節バス対応バスベイが整備された「薬師ヶ丘バス停」は、『町田3・3・8号鎌倉街道線(薬師池Ⅱ期)』を想定した幅員には、見た目明らかになっていないです。
      税金を無駄遣いしない様に将来を見越した準備工事をしてほしいものです。
      というか、薬師池Ⅰ期は2013年、薬師池Ⅱ期は2016年に事業着手しているにもかかわらず、進んでいる様には全く見えないです。
      どうするつもりなんだろう?

    3. 道路マニア (2022年05月20日 22:17)

      >中町住民さん
      薬師ヶ丘バス停付近は既に一部で用地取得も終え、25m幅が確保されていますよ。
      そのために水路も一部を暗渠化したんです。どっちにしても、無電柱化で道路を再度掘り返さなくてはならないので、バスベイは多少造り直す必要が出てきますが。いずれにしても、工事着工なんて当面先ですよ。用地取得が終わっていないですし、拡幅するには用地にかかるリス園なども改修しないといけないので。

      鎌倉街道は沿線に急斜面と旧来から住む地権者が多いですから、事業に時間がかかります。本町田の区間なんて、事業開始から30年経っているのにも関わらず、沿線住民との協議が進まず、未だに完成していませんし。鎌倉街道というのはそういう土地柄の場所です。

    4. (2022年05月21日 20:45)

      道路構造令で25m幅員では片側2車線取れなくなってるんですよね。昭和36年の建設省告示では7m車線となっているだけなので、多分広めの片側1.5車線、交差点のみ2車線で供用になります

    5. こば (2022年05月23日 09:18)

      土曜日に四季の丘に行くために町田駅からバスで。
      今井谷戸は手前すぎると思って、次のバス停まで行ったのですが、こちらからも相当歩く・・・。
      なので、中間にバス停できると助かりますね。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2022-05-20 00:00:58