• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.09.18(火)
    Post:8 Tweet:72 Like:0

    木曽団地内に、20年開校予定の「桜美林大学 本町田キャンパス」10月から校舎建設

    obirin20180609_1.jpg
    <写真>「桜美林大学 本町田キャンパス(仮称)」の完成予想図
    桜美林大学 新キャンパス建設に伴い「旧本町田中学校・本町田西小学校」解体開始
    木曽団地内の「町田市立本町田中学校」少子化に伴い、2011年3月閉校への続きです。

    団地いちょう通り 山崎団地東交差点角の公立小中学校跡地に、
    桜美林大学 本町田キャンパス(仮称)」が、2020年4月に開設予定ですが、
    そのキャンパス予定地において校舎建設工事が、2018年10月から着工します。
    →場所はコチラ(東京都町田市本町田2600-4 ほか)

    obirin20180609_2.jpg obirin20180916.jpg
    <写真>新キャンパスの建設予定地と、現場に掲出された建築計画のお知らせ
    今回、桜美林大学の新キャンパスが建設されるのは、町田木曽住宅(木曽団地)内で
    団地の少子化に伴って廃校した「旧町田市立本町田中学校(2011年3月閉校)」および
    旧町田市立本町田西小学校(2002年3月閉校)」の跡地(面積:31,550.96㎡)です。

    obirin20180609_3.jpg obirin20180609_4.jpg
    <写真>町田木曽住宅内の掲示板に掲出された校舎建設のお知らせ
    校舎建設は大手ゼネコンの「鹿島建設」が施工を担当予定で、
    新設校舎は地上3階建て、既に現場では仮囲いが設置され、
    埋設物の除去などの作業が進められています。

    旧校舎解体は既に完了し、今後1年半かけて校舎建設へ

    obirin20170607_1.jpg
    <写真>解体開始直後の「旧本町田中学校」(2017年6月撮影)
    町田市では「木曽山崎団地地区まちづくり構想」に基づいた団地再生の一環として、
    同地に私立学校を誘致することを決め、2015年に同市の公募型プロポーザルで
    市内にキャンパスを持つ「学校法人 桜美林学園」が事業者に選ばれました。

    土地は50年間の定期借地で、校舎などの建物は町田市から無償譲渡され、
    当初は大部分の校舎を残し、大規模改修したうえで再利用する方針でしたが、
    その後の計画変更で、既存校舎を解体して新校舎を建設することになり、
    2017年6月~2018年1月にかけて、谷津建設によって既存校舎は全て解体されました。

    約1,200人ほどが本町田キャンパスを使用か

    obirin20180609_8.jpg obirin20180609_9.jpg
    <写真>既存の町田キャンパス(左)と、プラネット淵野辺キャンパス(右)
    桜美林大学のキャンパスは現在、市内にあるメインの町田キャンパスをはじめ、
    淵野辺(PFC)、四谷、多摩があるほか、2019年4月には新宿百人町にも
    新キャンパスが開校予定です(ビジネスマネジメント学群が使用予定)

    今回建設の本町田キャンパスは、同大学の「芸術文化学群」が使用する計画で、
    町田キャンパスで現在学んでいる約1,200人(2018年5月時点)の生徒が、
    この新キャンパスに通学することが想定されます。

    obirin20180609_7.jpg obirin20180916.png
    <写真>桜美林学園のスクールバスと路線図。最大で約1万人が利用している。
    同大学のスクールバス(運行は桜美林学園傘下の株式会社ナルドが担当)は現在、
    淵野辺駅北口(PFC内ロータリー)と多摩センター駅(路上)に乗り入れていますが、
    本町田キャンパスの最寄駅である古淵駅(JR横浜線)と町田駅(JR横浜線・小田急線)には
    現在乗り入れていない(町田には過去に乗り入れていた)ことから、今後新キャンパスの開校により、
    これらの駅に新たに乗り入れることになるのかが注目されます(※路線バスでは山崎団地センターが最寄り)

    町田市内で進む廃校舎の跡地利用

    今回の決定で、木曽・山崎団地内の廃校舎で利用が決まっていないのは、
    山崎団地内の「旧町田市立忠生第六小学校(山崎町1298-1)」のみとなり、
    こちらも今後、町田市が活用の方向性を検討していく方針です。

    【木曽・山崎地区の廃校舎活用一覧】
    ・旧木曽小学校(2001年3月閉校)・・・校舎を改修し、木曽境川小学校として使用。
    ・旧忠生第四小学校(2001年3月閉校)・・・校舎を改修し、町田市教育センターとして使用。
    旧忠生第五小学校(2003年3月閉校)・・・校舎解体済。跡地は山崎保育園などが使用。
    ・旧忠生第六小学校(2003年3月閉校)・・・校舎は現存。暫定的にグラウンドを地域開放。
    ・旧忠生第七小学校(2003年3月閉校)・・・校舎を改修し、七国山小学校として使用。
    旧緑ヶ丘小学校(2002年3月閉校)・・・校舎解体済。跡地は新消防署とグラウンドとして使用。
    ・旧原小学校(2002年3月閉校)・・・校舎を改修し、本町田小学校として使用。

    工事情報
    (仮称)桜美林大学 本町田キャンパス整備計画
    施工場所: 東京都町田市本町田2600-4 ほか
    アクセス:町田バスセンター・古淵駅より
    「山崎団地センター」バス停下車
    工期:2018年10月1日~2021年3月30日
    施工概要:用途:大学
    敷地面積:31,550.96㎡
    建築面積:9,967.68㎡
    延べ面積:22,773.18㎡
    構造:鉄筋コンクリート造
    基礎工法:直接基礎
    階数:地上3階
    高さ:15.95m

    前身:
    ・町田市立本町田中学校(2011年3月閉校)
    ・町田市立本町田西小学校(2002年3月閉校)
    事業主:学校法人桜美林学園
    施工業者:鹿島建設株式会社
    用途地域:
    • 第一種中高層住居専用地域
    ※いずれも2018年09月18日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    廃校舎跡地利用(行政関連)
  • 廃校舎跡地利用(行政関連)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    8件
    1. 近所の住人 (2018年06月09日 23:25)

      中国人のたまり場になって治安が悪化しなければいいのだが・・・

    2. 市内の住民 (2018年06月09日 23:47)

      地方出身の学生には、団地の中だから住むところに困らず良いのかも。自分が大学生だったら、ここに通うのは嫌ですけど。やっぱり華やかな都心のキャンパスに通いたい。

    3. 本町田住民 (2018年06月10日 14:42)

      こう言っては何だが、
      くすんだ大規模団地群の隣に大学の新しい建物ができて
      若い人が1,200人も集まってくれば
      地域の雰囲気も随分と変わるんだろうね。

    4. Oテスター (2018年06月11日 10:58)

      URが学生に団地を賃貸してくれるんですかねえ?
      団地はファミリー用で一人住まいには微妙に広く、その分家賃は高めでしかも古いとなると借りるにも・・・

    5. 懐古厨 (2018年06月11日 20:03)

      Oテスターさん
      UR都市機構は学生単身でも
      扶養等親族の方(親等)が一定要件を満たせば住めるようです。
      公社の方が安いですし、学生用の申し込み条件ができたそうで
      学生単身でも住むことが可能になりました。

      ただ、アルバイトなど学業以外を考えた場合
      駅周辺に住んだほうが送迎もあることですし、何かと便利ですよね。

    6. サバンナヤギ (2018年06月11日 21:15)

      桜美林大学って「町田山崎団地活性化プロジェクト」っていうのをやってて平成25年度からの6年計画という話しですけどキャンパス出来たらプロジェクト延長されるのかな?

    7. AR (2018年06月15日 01:55)

      都下なのにこれだけ小学校が廃校になるとは、日本の未来は真っ暗に見える

    8. 本町田住民 (2018年09月17日 23:06)

      老人の寄せ場と言ったら言い過ぎだろうけど
      団地はどこもお年寄りだらけ・・・
      行政も団地再生って言ってるだけじゃなくて
      具体的な方策、施策ドンドン実施してほしいですね

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-09-18 00:00:58