• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.11.25(日)
    Post:6 Tweet:18 Like:0

    建設会社・エムテックの破産で、工事中断続いた「旭町陸橋」2ヶ月ぶりに工事再開へ

    <追記>工事が本格的に再開された為、文章を一部修正しました。

    m3336-20181123_1.jpg
    <写真>現場で新たに設置された工事の案内看板
    建設会社・エムテックの民事再生法申請で、施工中の「旭町陸橋」工事ストップに
    建設中の「町田3・3・36号線 旭町陸橋」橋脚6基がすべて完成。今後は橋台建設への続きです。

    町田街道の渋滞解消に向け、東京都が2007年9月に事業着手して整備を進める
    「都市計画道路 町田3・3・36号線(木曽団地南~町田市民病院東交差点)」ですが、
    2016年4月から市民病院側斜面で着工した「旭町陸橋 下部工(橋台・橋脚の建設)」では
    施工を担当していた元請け業者の1社が事実上倒産したことで工事が中断していましたが、
    新たな施工業者決定により、2018年11月下旬から工事再開となります。
    →地図を表示(東京都町田市本町田・旭町3丁目)

    m3336-20181123_2.jpg
    <写真>橋台の基礎杭打ち途中で放置された旭町陸橋の現場
    施工されていた「旭町陸橋(仮称) 下部工工事(27南東-町田3・3・36旭町その2)」は、
    株式会社エム・テックと新開工業株式会社の共同企業体(JV)が施工を担当していましたが、
    この施工業者のうち、中堅ゼネコンの「株式会社エム・テック(本社:埼玉県さいたま市)」が
    2018年10月1日(月)付けで民事再生法の適用申請に入り、同日から工事が全面ストップしていました。

    五輪会場では完成遅れの恐れ。旭町陸橋では賃金未払いも。

    公共工事を多く手掛けていたエム・テックは、2020年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピック大会の
    競技会場の一部などの工事も請け負っていたことから、破産による工事中断が様々な現場で混乱を招き、
    一部では工事スケジュールの遅れも懸念されている状況です。

    また、以前からエム・テックは資金不足による賃金未払いが常態化していたことも指摘されており、
    旭町陸橋の下部工現場に一時期入っていたことのある下請け業者関係者の話によると、
    この現場でも下請けに対する賃金未払いが発生していたとの証言も得ています。

    JVの1社が工事を引き継ぎ、単独施工へ

    m3336-20181123_3.jpg
    その後、エム・テックは2018年10月22日(月)付けで再生手続廃止が決定し、
    同現場は発注者(東京都)が保全管理区域として、しばらく管理することになり、
    現場にあった重機類は姿を消し、工事看板も一部撤去・廃棄処分が行われました。

    今回、エム・テックと共同企業体を組んでいた「新開工業株式会社」が単独で施工することが決まり、
    杭打ち途中で中断している市民病院側斜面のA2橋台の残り工事を同社が引き継いで施工し、
    2019年2月7日までの工期で進める方針で、今後本格的に工事が再開される見通しとなり、
    これによって約2ヶ月ぶりに工事再開の目途が付いた形です。

    工事遅れで「旭町陸橋下トンネル」も開通延期に

    m3336-20181123_4.jpg m3336-20181123_5.jpg
    「町田3・3・36号線」旭町陸橋下へのトンネル設置で、住宅地内の市道が通行止にの続きです。

    また、前述の旭町陸橋下部工とは別件工事で、別業者が2017年12月下旬から施工している
    街路築造工事に伴う擁壁設置工事(29南東-町田3・3・36旭町)」では若干の工事遅れにより、
    旭町陸橋下に設置される市道817号線付替道路の「生活道路用トンネル(箱型函渠)」は、
    当初の2018年12月上旬開通予定から約2ヶ月半ほど先延ばしされることが公表され、
    2019年2月下旬に開通延期となりました。
    →地図を表示(東京都町田市本町田)

    m3336-20180624_8.jpg
    <写真>街路築造工事に伴う擁壁設置工事の工事案内看板
    なお、地上部で進められていた「プレキャスト擁壁」の設置はほぼ完了している他、
    A1橋台~箱型函渠~地上部を結ぶ「場所打擁壁」は設置が順調に進んでいることから、
    工期全体の延長は今のところなく、同工事は予定通り2019年2月末に完了する見通しです。

    工事情報
    旭町陸橋(仮称)下部工工事
    (27南東-町田3・3・36旭町その2)
    施工場所: 東京都町田市本町田・旭町3丁目
    工期:2016年4月下旬~2019年2月7日
    施工概要:逆T式橋台:計2基
     A2-R(上り線):1基
      場所打杭工(φ1,200) N=8本(L=18.0m)
      橋台躯体工 H=13.0m(V=470㎥)
     A2-L(下り線):1基
      場所打杭工(φ1,200) N=10本(L=19.0m)
      橋台躯体工 H=13.1m(V=557㎥)
    柱式(T型)橋脚:計6基
     P1-R(上り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=8.5m)
      橋脚躯体工 H=16.7m(V=427㎥)
     P1-L(下り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=13.0m)
      橋脚躯体工 H=16.7m(V=427㎥)
     P2-R(上り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=12.5m)
      橋脚躯体工 H=17.5m(V=439㎥)
     P2-L(下り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=15.0m)
      橋脚躯体工 H=17.5m(V=439㎥)
     P3-R(上り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=12.5m)
      橋脚躯体工 H=17.0m(V=431㎥)
     P3-L(下り線):1基
      場所打杭工(φ1,500) N=9本(L=14.5m)
      橋脚躯体工 H=17.0m(V=431㎥)
    事業主:東京都南多摩東部建設事務所
    施工業者: エムテック・新開工業建設共同企業体
    新開工業建設共同企業体
    ※いずれも2018年11月25日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    6件
    1. おとなの町田っ子 (2018年11月24日 23:40)

      ホント、この道路に対する本気度はほかのいろいろと段違いですね。

      話は変わりますが、J1昇格プレーオフっていうんですか?
      参加チームの一覧表を見たとき、ゼルビアより下位のチームも参加になっているのに
      ゼルビアは参加になっていなくて。

      そのTVニュースを見ていて「え!? なんで?」って思ったけど
      「ホームグラウンドが J1 基準満たしてないからプレーオフ参加資格がないのか!」って。

      ゼルビアより下位チームが参加してのJ1昇格プレーオフなのに・・・って
      サッカーファンじゃないけど選手やサポーターさんたちの気持ちを想うと切なくなりました。
      ゼルビアを買収したサイバーエージェントさんは今後どうするのかなぁ。

    2. やっすぃ (2018年11月25日 12:17)

      工事再開されるならば良かった。
      箱型函渠だけれども、擁壁工事案内看板の平面図を見る限り、図で言うと上になる側の函渠出口って、直ぐにクランクっぽい道構造になるのかな。視界悪そうな作りになるのではと心配してしまう。

      因みにゼルビアやらJ1な話は、この記事には全く関係無いのでは?

    3. ななし (2018年11月25日 14:34)

      このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせて頂いております。

      この一文が読めないんですかねぇ

    4. 本町田住民 (2018年11月25日 15:52)

      明長寺会館の前をいつも車で通るたび、上を見上げて
      この橋梁の上に道路ができたら、道路の下のお宅は気の毒だなぁ~といつも思う・・

      いくら決まっていたこととはいえ、いざ道路ができれば日当たりも悪くなるだろう
      いくら防音工事をしたって、夜中に暴走族だって通るだろうし10トンダンプも通るだろう
      将来、モノレールが通る予定なんだから屋根もつけられず、粉塵が舞うことだってあるだろう

      でも、何かきっといいこともあるでしょう

    5. 町田のたかし (2018年11月25日 17:20)

      渋滞解消目的で工事をやっているが、完成後効果はあるのか。
      滝ノ沢信号付近は解消されるのか
      そもそも五間道路は、旧町田街道のバイパスとして開通したものの市街地は交差点信号が増え、
      三塚信号も渋滞がひどい、シバヒロ付近の信号もひどい。

    6. 入札ウォッチャー (2018年11月28日 08:32)

      当該区間でエムテックのような案件が続かないように強く望みます
      2019年の予定がスライドして20年開通すれば御の字になりそうですね

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-11-25 00:00:58