• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2020.09.12(土)
    Post:12 Tweet:27 Like:0

    町田山崎団地名店街の老舗書店「けやき書房」閉店へ。半世紀の歴史に幕。

    yamazaki20200911_1.jpg
    UR町田山崎団地の商店街「山崎団地名店街」内にある
    地元の老舗書店「けやき書房が、2020年10月31日(土)をもって閉店します。
    →地図を表示(東京都町田市山崎町2200-3-18-107)

    木曽店との統合決定で、半世紀の歴史に幕

    yamazaki20200911_2.jpg
    <写真>今回閉店する町田山崎団地名店街の「けやき書房」
    けやき書房は、同団地の入居が開始した1968年(昭和43年)から営業する老舗書店で、
    向かい側の商店街「町田木曽団地名店街」には、支店の「けやき書房 木曽店」があり、
    木曽と山崎で計2店舗を展開していますが、今回木曽店との統合を理由に閉店します。
    【けやき書房 木曽店】→地図を表示(東京都町田市本町田2533 公社町田木曽住宅ハ-12-104)

    yamazaki20200911_3.jpg
    <写真>先々月末に閉店した町田山崎団地名店街の理容室「理容新橋」
    山崎団地名店街といえば、駄菓子店「ぐりーんハウス」が2020年6月に再オープンした一方、
    このコロナ禍に老舗理容室「理容新橋」も2020年7月31日(金)をもって閉店しています。
    【理容新橋】→地図を表示(東京都町田市山崎町2200-3-19-102)

    yamazaki20200911.png
    <地図>山崎団地名店街のテナントマップ(2020年9月現在)
    年々テナントが減少していることで、商店街の1/3ほどが空き店舗となっていますが、
    けやき書房の撤退で更にシャッター商店街化が進み、同時に商店主の撤退によって
    商店街内に設置されている飲料自販機(商店主管理)も再び数を減らすことになります。
    (※商店街の北側エリアはテナント撤退の影響で、既に飲料自販機が全廃)

    近隣の「木曽団地名店街」でも複数の空き店舗が発生

    kiso20200911.jpg
    <写真>先月末で閉店した町田木曽団地名店街の「マリモ美容室」
    一方、山崎団地名店街の南側にあるJKK町田木曽住宅の「町田木曽団地名店街」では、
    今春辺りからプラモショップ「町田模型舎」が営業を行っていない(※自販機は撤去済)ほか、
    向かい側で営業していた「マリモ美容室」も2020年8月31日(月)をもって閉店しており、
    山崎団地名店街ほどではないものの、今年は空き店舗が相次いで発生した形です。
    【町田模型舎】→地図を表示(東京都町田市本町田2507-7 公社町田木曽住宅ハ-13-104)
    【マリモ美容室】→地図を表示(東京都町田市本町田2533 公社町田木曽住宅ハ-12-103)

    obirin20200718_2.jpg
    町田木曽団地内には、今年4月に新キャンパス「桜美林大学 東京ひなたやまキャンパス」が開校し、
    約1,400人の学生(2020年5月時点での在籍数)が通学することで、団地にも新たな賑わい創出が
    期待されていましたが、今年は国内における新型コロナの影響でリモート授業の措置を取られたことで
    春学期は学生がキャンパスに通学しないまま終了し、結果的に賑わいの創出とは程遠い状況となり、
    同時に通学を見越した路線バスの増便見送りや毎年恒例の団地花火大会が開催中止となるなど、
    コロナが暗い影を落としています(※ひなたやまCPでは9月14日[月]に新入生限定の入学式代替イベントあり)
    →地図を表示(東京都町田市本町田2600-4)
    <追記(9/18)>
    桜美林大学の大学再開およびバス増便ダイヤ改正が発表されました。
    https://kawariyuku-machida.com/article/36006.html

    (※サバンナヤギさん情報ありがとうございます)

    店舗情報
    けやき書房
    業種:書店
    所在地: 東京都町田市山崎町2200-3-18-107
    アクセス:町田バスセンター・古淵駅より
    「山崎団地センター」バス停下車
    備考:※新型コロナの影響で、17時閉店に短縮営業中
    -- その他情報 --
    開店日:1968年
    閉店日:2020年10月31日(予定)
    用途地域:
    • 第二種住居地域
    ※いずれも2020年09月12日時点での情報です。
    地図
    CLOSE
    全画面
    閉店情報
    書店(閉店情報)
    書店
  • 閉店情報
  • 書店(閉店情報)
  • 書店
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    12件
    1. 懐古厨 (2020年09月11日 21:26)

      本日所用でたまたま名店街に行きました。
      けやき書房木曽店の中がすっきりしていたので
      てっきり木曽店のほうが閉店するもんだと…

      余談ですが、
      隠れ家さんの看板が餃子屋さんになっていました。
      1年以上行っていなかったので、いつ頃代わったのかわかりません。

    2. るっく (2020年09月11日 23:12)

      団地の世代構成が年寄ばかりになり
      60代なら退職後の余暇に本も読んでくれただろうけど、70/80代になると本も読まなくなる。
      コロナで外出自粛も重なり、お店を維持するには厳しい状況なのだろうねぇ。

      口が悪い!って怒られそうだが、あと10年頑張れば 寿命を迎えた人が入れ替わり、団地に若い人が戻って来る可能性が・・・頑張って欲しかったですね。

    3. 黒船 (2020年09月12日 00:08)

      子供の頃は母の運転する車で山崎団地まで買い物に来たものです。
      三徳で買物をする前に萬寿園で食事かサンテオレで小腹を満たし、けやき書房で漫画雑誌を買ってもらった記憶があります。
      我が家の近辺にスーパーがなかった頃は団地にある三徳か隣の町田木曽住宅にあった大丸ピーコック(現:おおた)、または小田急OX(現:三和木曽店)に行き、団地の商店街ではそこで足らないものを買っていました。
      山崎団地も三徳と萬寿園は残っているものの、子供の頃からあった店が年とともに次々と無くなっていきます。高齢化が進む中で桜美林の誘致による再生もウイルス禍でかなり難しいものになってしまいました。時の流れをつくつく感じる今日この頃です。

    4. 元町田市民からの相模原市相原住民 (2020年09月12日 00:43)

      子供の頃、発売前の本を親にお願いして、けやき書房に注文したら家まで届けてくれたなあ。
      文房具、学用品もけやきにお世話になりました。
      理容新橋は人生で一番初めに利用した床屋さん。
      子供心に店長さんを則巻千兵衛(体系除く)に似てるなあなんて思ってたけど振り返ってみたらあの当時のおじさんや兄ちゃんはみんなパンチとかアフロみたいな、ああいう髪型でしたねぇ。
      そう言えば先日、部屋の片付けをしてたらクリーニングニューエースのタグが付いたYシャツを発見!
      左胸のポケットには本中の校章が…(Yシャツはクリーニングから帰ってきた後、段ボールの中に30年程眠っていた様です…)
      話題が脱線、失礼しました。けやき書房さん、長い間お疲れ様でした。ありがとうございました。

    5. 本町田住民 (2020年09月12日 10:27)

      くすんだオンボロ団地に、果たして若い人来るんでしょかね?
      ますます過疎化が進み、銀行、郵便局もなくなって限界集落ならぬ
      限界団地となるような・・

    6. outlaw (2020年09月12日 10:41)

      町田3・3・36号線が市民病院に抜けたあとが怖いですね。ゴースト化が一気に進みそうで。今、団地外にある、近在の人気店をバスセンター周りに集めるでもしない限り、賑わいを取り戻すのは難しいのではないでしょうか。ただ、集めたとしても駐車場確保、交通渋滞、排気ガス等、別の問題噴出して霧散、かえって衰退を進めることになるんでしょうが…

    7. 懐古厨 (2020年09月12日 11:59)

      団地住民の高齢化のコメントが散見されますが
      団地周辺には保育園が複数あり、
      公社住宅に関しては新居購入資金等の貯蓄のため
      若い世代が数年入居することが(上も横もそうよ、と古参住民談)

      山崎団地旧一街区のマンションや周辺の戸建は
      30代40代が大半だそうですし
      穏やかに衰退しているとはいえ
      それなりに新陳代謝が行われているのではないでしょうか。

    8. るっく (2020年09月12日 17:45)

      まだ知人が住んでるので、たまに山崎団地・木曽団地エリアへ行くんですが、と或る日の出来事・・・

      商店街の広場(けやき書房の前あたり)には乳児/幼児を遊ばせている若い奥様が1家族。
      何か(花壇の仕切り?)に座ってウトウトしてそうなご老人が1名。
      それ以外は誰も居らず(歩いている人も居なくて閑散としてる)。
      三徳に入ってみたら、高齢のご夫婦が多数、単身の高齢者が数名。小学生くらいの子供連れ家族が1~2組。
      で、若い人も居るけど、老人の割合が多めな印象でした。
      #時間帯も悪かった可能性はあります(昨年の初夏、晴天の11時くらい)

      車を持っている若い世帯は、団地の商店街を利用せず、近隣のショッピングセンターへ出かけるのかもしれませんし、そもそも商店街という形式が時代に合わなくなったのかも知れません。
      いっその事、山崎・木曽団地の商店街を統合し1つのショッピングモールにして、レストランチェーン店も誘致。再開発であまった土地に立体駐車場&神奈中バスの結節点(乗り換え拠点)も整備。
      (遠方からも)車で気軽に来れるようにするとか。
      作った駐車場は、平日は平日限定の定期契約で桜美林の学生に利用してもらって、土日は買い物客用に利用してもらう。夜間は、団地の来客用に利用してもらって利用率をキープ。
      ドサクサに、ちゃんとした斎場(コンビニの居抜きじゃない)も併設(笑
      ここらの団地も築50年になるので、近い将来建て替えの話があれば、商店街の再開発もセットで考えてみるとか。

      長文失礼しました。住んでない人間の妄想・戯言と聞き流してください

    9. 旭町っ子 (2020年09月14日 15:20)

      山崎、木曽団地商店街は自分らが子どもの時からやっていたお店が
      本当に少なくなりましたね。木曽にまだ残っているとはいえけやきの
      閉店は寂しいかぎりです。
      これで浜名屋なくなったら泣く

    10. 楽一 (2020年09月14日 18:33)

      根本的に団地住居、閉鎖的な道路を作り直さなきゃ改善は難しいでしょ。

    11. やん (2020年09月17日 12:51)

      パンパティがきたらいいのに!と思います。あれだけの人気店なので少し不便な場所に移っても皆さん行くと思います。 駐車場も今より近く停めやすくなるかなと思います。

    12. outlaw (2020年09月17日 16:44)

      パンパティ、ハンバーグのあらかると、まぐろ間二の出店を希望される方多いんじゃないでしょうか。でも、各店ともロードサイドである必要があると思いますね。駐車場が広くなろうとも、奥に引っ込んでしまったら…?と思うんですがね。現状なら、ポプラが丘下のやさいのナイトウ+コンビニか、東秀+オリジン弁当か、がベストなのでは?と思っちゃいますね

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2020-09-12 00:00:58