• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2021.10.24(日)
    Post:1 Tweet: Like:

    新ゴミ施設「町田市バイオエネルギーセンター」業務開始。近隣では「温浴施設」建設も

    bioenergy-center20211023_1.jpg
    <写真>施設外観。新旧2塔の煙突が並ぶが、今後左の煙突は解体される予定。
    町田市立室内プール隣に「温浴施設」建設開始へ。一部駐車場の長期閉鎖も
    ゴミ処理施設の建替で「町田リサイクル文化センター」既存施設の解体開始の続きです。

    町田市がゴミ処理施設「町田リサイクル文化センター」跡地で建設中だった
    新たにごみ焼却等を行う資源化施設「町田市バイオエネルギーセンターが、
    2021年10月25日(月)に業務開始となります(2022年1月から本稼働予定)
    →地図を表示(東京都町田市下小山田町3160)

    業務開始で、11月から粗大ごみ持込みルート変更へ

    bioenergy-center20211023_2.jpg
    これは1982年に開設された「町田リサイクル文化センター」の施設老朽化に伴って
    老朽化したごみ処理施設に代わり、首都圏初となる家庭ごみバイオガス化施設を併設した
    新たな熱回収施設等(ごみ焼却施設、バイオガス化施設、不燃・粗大ごみ処理施設等)を
    2017年から市が整備していたもので、4年以上の工事を経て完成しました(施工は株式会社タクマ)

    bioenergy-center20211023.png
    <画像>粗大ごみ持込みルート変更図(ごみ資源化施設建設NEWSより)
    工事に伴って2017年3月から仮設管理棟に移転していた資源循環課・3R推進課の窓口は
    2021年10月25日(月)から町田市バイオエネルギーセンター内に移転して業務を開始するほか、
    2021年11月1日(月)からは「粗大ごみ」の持込みルートも新施設に変更となります。

    bioenergy-center20211023_3.jpg
    <写真>ニーズセンター花の家前の丁字路に設置された信号機
    粗大ごみ持込みの車両出入口も、現車両出入口よりやや南寄りに変更されますが、
    接続道路は拡幅や線形改良も行われ、新たな車両出入口の道路には右折レーンも設けられているほか、
    交差点改良に伴って施設西側の丁字路には信号機も設置され、今後稼働を開始するものとみられます。
    【新・車両出入口】→地図を表示(東京都町田市下小山田町)
    【信号機新設場所】→地図を表示(東京都町田市下小山田町)

    新施設では9月から試運転調整のため、一部燃やせるごみの投入が開始されていますが、
    11月からは町田市内で収集した燃やせるごみ等の全量投入を開始予定で、
    この間の性能試験を経て、2022年1月から本稼働開始となる計画です。

    recycle-center20170811_3.jpg
    <写真>新施設本稼働後に取り壊される既存工場棟(2017年撮影)
    新施設裏手のごみ処理施設「町田市清掃工場」は2022年1月の新施設本稼働後、
    現工場棟の解体や外構工事等を含めた「第三期工事」を進めていく方針で、
    最終的な工事は2024年度まで続く見通しです。
    →地図を表示(東京都町田市下小山田町3160)

    tama-seisokojo20211023.jpg
    <写真>処理し切れない町田市内排出ゴミの受け皿となる「多摩清掃工場」
    なお、コロナ禍の影響で2019年度から市内のごみ排出量が増加に転じており、
    バイオエネルギーセンターでは市内のごみを処理し切れなくなる見込みとなったことから
    市内一部地域のごみ処理を担う多摩ニュータウン環境組合の「多摩清掃工場(多摩市)」に
    2022年4月~2026年3月まで対象地域を拡大して市内一部地域のごみを搬入して対応します。
    →地図を表示(東京都多摩市唐木田2-1-1)

    施設向かいでは、新たに「健康増進温浴施設」建設進む

    machida-pool20211023_1.jpg
    一方、バイオエネルギーセンター施設正面の公営プール施設「町田市立室内プールでは、
    プール第1駐車場跡地に施設を増築する形で入浴施設を完備した「健康増進温浴施設
    2020年9月から整備中ですが、こちらも概ね完成に近い状態となり、2022年4月にオープン予定です。
    →地図を表示(東京都町田市図師町199-1)

    machida-pool20211023_2.jpg
    <画像>健康増進温浴施設の浴場完成イメージ(町田市公式サイトより)
    同温浴施設は、バイオエネルギーセンターで発生する熱エネルギーを利用した温浴施設で、
    1階に駐車場、2階に男女浴場やサウナ、休憩スペース、3階に多目的室等を配置し、
    2階はプール棟と連絡通路で繋ぎ、両施設間を行き来できるようになっており、
    2021年12月中旬に工事完了を予定しています(施工はイワヲ建設)

    machida-pool20211023.png
    施設オープンを見据えて、今年度には「町田市体育施設条例」の一部改正案が議会に出され、
    浴室の利用料金は市内公衆浴場や近隣自治体の公共温浴施設、民間温浴施設の料金などを参考に
    1回大人・高齢者700円、子ども・障がい者350円とし、近隣の公共温浴施設「八王子市 戸吹湯ったり館」と
    ほぼ同水準の料金設定になっています(※プールやトレーニング室と浴室利用のセット割については検討の段階)

    sports-park20200927.jpg
    <画像>「(仮称)忠生スポーツ公園」の整備イメージ図(町田市資料より)
    この他、近隣の廃棄物最終処分場では、新たに「(仮称)忠生スポーツ公園」の整備計画を進めており、
    こちらは新型コロナの影響で2022年4月の開園予定時期がずれ込み、2023年秋ごろに開園予定で、
    バイオエネルギーセンター周辺の施設整備が着々と進められています。
    →地図を表示(東京都町田市下小山田町3307)

    施設情報
    町田市バイオエネルギーセンター
    用途:熱回収施設(資源化施設)
    所在地: 東京都町田市下小山田町3160
    アクセス:町田バスセンターより「市立室内プール前」バス停下車
    -- その他情報 --
    開設日:2021年10月25日業務開始
    2021年11月1日粗大ごみ持込ルート変更
    2022年1月本稼働開始(予定)
    前身:町田リサイクル文化センター(ごみ処理施設)
    (1982年~2017年3月)
    施工業者:株式会社タクマ
    用途地域:
    • 工業地域
    ※いずれも2021年10月24日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    行政関連
  • 行政関連
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    1件
    1. こば (2021年10月25日 10:52)

      プラスチックゴミの収集を私の住む地域でも早くやってもらいたいなあ。
      そのための処理場は作らないのかしら?

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2021-10-24 00:00:50