• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2022.11.08(火)
    Post:3 Tweet: Like:

    小野路球場・小野路グラウンドの「ネーミングライツ募集」株式会社ギオンが契約締結

    onoji20221107_1.jpg
    <写真>新たに「小野路GIONベースボールパーク」の愛称が導入される小野路球場(市HPより)
    サン町田旭体育館などで「ネーミングライツ」導入に向け、スポンサー募集開始へ
    ゼルビアホームの町田市立陸上競技場、20年1月から「町田GIONスタジアム」にの続きです。

    町田市小野路町の地区公園「町田市立小野路公園」内にある
    硬式野球場「小野路球場多目的グラウンド「小野路グラウンドでは
    2023年4月1日(土)からのネーミングライツ導入で、スポンサー企業が「株式会社ギオンに決定しました。
    【小野路球場】→地図を表示(東京都町田市小野路町2023-1)
    【小野路グラウンド】→地図を表示(東京都町田市小野路町2023-1)

    野津田に続き、小野路公園内2施設もギオンが契約

    onoji20221107_2.jpg
    <写真>町田市立小野路公園の正面出入口
    小野路球場と小野路グラウンドは、2004年に町田市が「朝日生命鶴川グラウンド」を買い取り、
    市立小野路公園として施設全体を再整備したうえで2006年4月1日(土)にオープンしたもので、
    小野路球場は市内唯一の硬式野球場として、高校野球西東京大会の予選等でも使用されるほか、
    小野路グラウンドは多目的グラウンドとしてサッカーやラクロスの試合や練習場として使用されており、
    管理は市の指定管理者制度によって「チーム町田※」が担当しています。
    (※構成団体は株式会社ギオン、株式会社富士グリーンテック、ファシリティパートナーズ株式会社、株式会社東京綜合造園、特定非営利活動法人アスレチッククラブ町田)

    町田市では今回、新たな財源確保と施設知名度向上を目的にネーミングライツ(命名権)を導入するもので、
    財源は施設の管理運営やサービス向上のに活用し、2022年8月29日(月)からスポンサー企業が募集され、
    ネーミングライツ導入後は看板をはじめ、周辺の公園マップなどにも新名称が記されます。

    gion20221107.jpg
    <写真>物流企業「株式会社ギオン」の看板イメージ
    小野路公園内の「小野路球場」と「小野路グラウンド」で1契約という形でスポンサー企業が募集されていましたが、
    相模原の物流企業「株式会社ギオン」が2023年4月1日~2026年3月31日の3年間契約(年額350万円)で
    ネーミングライツ契約の締結に至り、2023年4月から小野路球場は「小野路GIONベースボールパーク
    小野路グラウンドは「小野路GIONグラウンドという愛称が使用されます。

    gion-stadium20210715.jpg
    <写真>2020年にネーミングライツを導入した「町田市立陸上競技場(町田GIONスタジアム)」
    ギオンによるネーミングライツ契約は、相模原市の「相模原ギオンスタジアム(相模原麻溝公園競技場)」や
    「相模原ギオンスポーツスクエア(相模原麻溝公園グラウンド)」など相模原麻溝公園内の計3施設に加えて、
    町田市では野津田公園の「町田GIONスタジアム(町田市立陸上競技場)」があり、市内2例目の契約です。

    machida20220826_1.png
    <画像>町田市ネーミングライツスポンサー企業募集時の契約条件
    なお町田市では小野路公園内2施設以外にも、町田中央公園内2施設(サン町田旭体育館、町田市民球場)の
    ネーミングライツ募集も行われていましたが、こちらについては今のところスポンサー企業は未発表となっています。

    施設情報
    [1] 小野路球場(新名称:小野路GIONベースボールパーク)
    [2] 小野路グラウンド(新名称:小野路GIONグラウンド)
    用途:[1] 硬式野球場
    [2] 多目的グラウンド
    所在地: 東京都町田市小野路町2023-1
    アクセス:鶴川駅・多摩センター駅・永山駅より
    「下堤」バス停下車
    開館時間:9:00~21:00
    -- その他情報 --
    開設日:2006年4月1日オープン
    2023年4月1日ネーミングライツ導入(予定)
    前身:朝日生命鶴川グラウンド(野球場・グラウンド)
    (2004年まで)
    用途地域:
    • 第一種低層住居専用地域
    ※いずれも2022年11月08日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    3件
    1. DQN (2022年11月07日 19:40)

      成瀬の体育館はなぜネーミングライツ導入しないのかな?
      ペスカドーラとの関係で、ですか?

    2. katsu (2022年11月07日 20:27)

      ギオン金あンだね

    3. たけし (2022年11月09日 11:01)

      結構な大手で良い事じゃないでしょうか

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2022-11-08 00:00:50