• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2022.03.06(日)
    Post:4 Tweet: Like:

    町田市中心部で、水素で走る「燃料電池バス」初運行。今後もイベント送迎に活用へ

    <追記>
    わんたろうさんの撮影画像(バイオエネルギーセンター側)を3枚追加しました。

    keio20220305_1.jpg
    <写真>町田市役所南側補助通路に停車中の「燃料電池バス」(J22202、J22203)
    わんたろうさんからお送り頂いた写真です。ありがとうございます。
    京王バス初の「燃料電池バス(トヨタ・SORA)」導入から1ヶ月経過。町田市内でも運行の続きです。

    温暖化対策などの普及啓発の一環として、ゴミ処理施設「町田市バイオエネルギーセンターにて
    市主催の気象予報士・近藤奈央さんによる「気象講演会2022年3月5日(土)に開催され、
    町田市役所から会場まで「燃料電池バス」による無料送迎運行が実施されました。
    【会場】→地図を表示(東京都町田市下小山田町3160)

    MBECへのイベント送迎で、市中心部でSORA初運行

    machida20220206.jpg
    <写真>気象予報士の近藤奈央さん(公式サイトより)
    これは2月1日(火)~3月11日(金)の期間を「サステナブルな39日間(サンキューデイズ)」と称し、
    町田市が地球温暖化対策などの普及啓発期間と定め、この期間中のイベントの一つとして行ったもので、
    NHK総合テレビで放送している朝の情報番組「NHK NEWS おはよう日本」のお天気コーナーで活躍する
    気象予報士・近藤奈央さんが地球温暖化と気象について解説する講演会を実施しました。

    bioenergy-center20211226_2.jpg keio20220305_6.jpg
    <写真>会場の「町田市バイオエネルギーセンター(MBEC)」と乗り入れたバスの様子
    イベント開催にあたり、事前予約したイベント参加者限定で乗車できる「無料送迎バス」が
    町田市役所(森野)から町田市バイオエネルギーセンター(下小山田町)まで運行され、
    運行車両には京王バス多摩営業所が所有する水素(H2)を燃料に発電して動く
    燃料電池バス「トヨタ・SORA(ZBC-MUM1NAE)」が使用されました。

    keio20200808_4.jpg
    <写真>多摩センター駅発の「多44・日大三高急行便」の運用に就く燃料電池バス(J22001)
    これまで燃料電池バスは京王バスが運行する「多摩センター駅~日大三高」路線でも使用され、
    今年に入ってからは多摩営業所にSORAを2台増備し、3台体制となったことで運用に入る確率も上がっており、
    町田市北部では日大三高線で不定期運行されていたものの、市中心部に乗り入れての運行は初となります。

    keio20220305_2.jpg keio20220305_3.jpg
    keio20220305_4.jpg keio20220305_5.jpg
    keio20220305_7.jpg keio20220305_8.jpg
    <写真>今回の運行の様子。京王バスのゆるキャラ「ピンポン・パンポン」のLED表示も。
    今回の運行で使用されたのは、前述紹介した今年投入の新車2台(J22202、J22203)で、
    出庫時は京王多摩車庫から鎌倉街道→町田駅前通り→町田市役所というルートで回送され、
    町田市役所の南側補助通路(線路沿い)に2台を縦列駐車して参加者・関係者の乗車が行われ、
    市役所からの送迎時は町田駅前通りを進む形で運行されました(町16・日大三高線とほぼ同経路)

    今後SORAを再運行。水素スタンド誘致も目指す

    machida20220302.jpg
    <画像>「次世代自動車って実際どうなんですか?」のチラシ(町田市公式サイトより)
    町田市では、2022年3月19日(土) 14時から「町田市バイオエネルギーセンター」で開催する
    モータージャーナリスト・清水草一さんの講演会「次世代自動車って実際どうなんですか?」でも
    この燃料電池バスを再びイベント参加者輸送用に運行予定です(参加者事前予約受付中)
    →次世代自動車って実際どうなんですか?(町田市)

    toyota20220206.jpg
    <写真>町田市がリース契約する元オリパラ大会専用車両の燃料電池車「トヨタ・MIRAI」
    余談ですが、市では2016年8月に多摩地区初の公用車として「燃料電池自動車(トヨタ・MIRAI)」を1台導入し、
    さらに2021年12月には「東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会」で使用された大会用の燃料電池車両を
    1台リース契約しており、市のPRイベント等でも活用されています。

    keio20200808_5.jpg
    <写真>尾根幹線 多摩卸売市場前交差点そばの「TKK水素ステーション」
    近隣では多摩市南野1丁目に民間の「TKK水素ステーション」が2020年3月26日(木)にオープンしたものの、
    町田市内には現状で充填用の「水素ステーション」が存在せず、市では水素ステーションの市内誘致に向けて
    関係事業者に対して出店を働きかけているほか、市側も候補地の選定などを継続して行っている状況で、
    2022年度も誘致活動を継続するとしています。
    【TKK水素ステーション】→地図を表示(東京都多摩市南野1-2-3)

    イベント情報
    路線バス
    新車投入(路線バス)
    京王バス(路線バス)
  • イベント情報
  • 路線バス
  • 新車投入(路線バス)
  • 京王バス(路線バス)
  • 投稿者
    投稿スペシャル(No.240:わんたろうさん)
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    4件
    1. 元山崎団地の住民 (2022年03月05日 20:34)

      本日午後、境川団地付近を京王バスが走行していたのを見かけたけど、イベント輸送だったんですね。普段神奈中バスしか走らないので驚きでした。

      そういえば、昔は町田駅にも小田急バスが走ってたのも思い出しました。

    2. 黒船 (2022年03月05日 20:45)

      京王バスが町田市内で相原町・小山町と下小山田町(ごく一部図師町)以外を走ったのは本当に久しぶりです。
      以前は鶴川-聖蹟桜ヶ丘駅線で大半を京王が担当していたので、鶴川駅にもしょっちゅう京王の旧カラー(黄+赤)車や一代前のカラー車(アイボリー+京王レッド・ブルー帯)が入っていましたが、2006年の共同運行撤退以降は常時みられるのは西部だけになっていました。
      しかしこの形状のバスが町田市内を走行するというのは相当レアな光景だったかと思います。

    3. やっすぃ (2022年03月06日 18:41)

      去年だったかな、東京都交通局の路線で乗った事が有った。
      結構静かだった印象。

    4. ラーメン大好き (2022年03月07日 12:35)

      バスと鉄道の写真をもっと褒めていいと思う・・・他の記事にくらべて写真が多いからなのかな?

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2022-03-06 00:01:00