• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    変わりゆく町田の街並みより、サイト運営のご支援に関するお願い
    ホーム
    2020.01.15(水)
    Post:1 Tweet:44 Like:0

    本町田団地のシンボル「給水塔」解体工事始まる。約半世紀の歴史に幕。

    <追記>
    ブランコが、ブラコンになっておりました。お詫びして訂正いたします。

    honmachida20200113_1.jpg
    <写真>ファンからは「円盤型」と呼ばれている本町田住宅の給水塔
    町田市・高ヶ坂団地の「給水塔」今夏から解体へ。約半世紀の役目を終える。
    築50年超の「高ヶ坂団地」と「本町田団地」大規模な外壁改修・塗装工事が進むの続きです。

    町田市本町田と南大谷に跨る大規模集合住宅「公社本町田住宅内にある
    給水施設「本町田住宅給水塔が、2019年12月下旬から解体工事開始となりました。
    →地図を表示(東京都町田市本町田72)

    honmachida20200113_2.jpg
    <写真>2017年に外観が大幅にリニューアルされた本町田住宅
    本町田住宅は、恩田川流域に位置し、本町田と南大谷の境界に跨る場所にある
    東京都住宅供給公社(JKK東京)管理の集合住宅で、1964年(昭和39年)に入居開始し、
    2017年には団地の外壁改修・舗装工事が行われ、外観が大幅にリニューアルされており、
    2019年12月時点で873世帯1,322人が居住しています。

    jkk20200113.png
    <画像>町田市内のJKK管理団地・給水塔一覧(2020年1月現在)
    町田市内のJKK管理団地では近年、給水塔を用いて各家庭に水を供給する「高架水槽式」から
    水道管に増圧ポンプを設置して各家庭に給水する「直結増圧式」に、給水方式の切り替えが順次進み、
    本町田住宅でも2017年に増圧直結給水ポンプが設置され、その後は給水塔の使用が停止されており、
    建物のみが残る状態となっていました(同団地の給水塔は1ヶ所のみ)

    honmachida20200113_3.jpg
    <写真>給水塔解体に伴って、公園の一部が閉鎖され、ブランコが使用できなくなっている。
    今回の給水塔解体工事に伴い、給水塔に隣接する団地内公園を工事スペースとして使用する関係で、
    公園が一部縮小しており、2020年2月初旬より大型クレーン・重機を使用して給水塔本体の解体を始め、
    上層部から吊下・解体に着手し、2020年4月下旬までに跡地の埋戻しを行い、工事を終える見通しです。
    (※事前調査で給水塔本体からアスベストは検出されなかった為、特定工事には該当しない)

    今後、市内各地で給水塔撤去の動きが加速か

    kiso20200113.jpg
    <写真>市内最大の「町田木曽住宅」では、3ヶ所に給水塔が存在する(写真はホ号棟)
    市内では他にも、高ヶ坂住宅や境川住宅などで既に給水方式が直結増圧式への切り替えが行われ、
    市内最大のマンモス団地「町田木曽住宅(人口:4,438世帯7,130人)」でも2017年から段階的に
    給水方式の切り替えが進められ、既にイ号棟全棟、ハ号棟の一部、二号棟全棟で切り替えが完了済です。
    (※高ヶ坂以外は給水塔が現存するものの、境川住宅と町田木曽住宅第1給水塔は既に受水槽が撤去済)

    kogasaka20190411.jpg
    <写真>2018年度に給水塔が解体された高ヶ坂住宅。給水塔が無くなり、空が広くなった印象。
    また、高ヶ坂住宅では市内のJKK管理団地では初となる給水塔本体の解体が2018年度に実施され、
    給水塔は団地のシンボルとなっているところも多く、山崎や鶴川では停留所名にも採用されていますが、
    建物自体の老朽化などもあり、今後各地で徐々に数を減らしていくことになるかもしれません。

    (※武相太夫さん情報ありがとうございます)

    工事情報
    本町田住宅 給水塔解体工事
    施工場所: 東京都町田市本町田72
    アクセス:町田駅より「ストアー前」バス停下車
    工期:2019年12月下旬~2020年4月下旬
    施工概要:1.仮設工事
     敷地内に工事事務所、倉庫、仮設トイレを設置
     工事エリア外周部に万能鋼板にて仮囲いおよびゲートを設置し、給水塔に仮設養生足場を設置
    2.給水塔解体
     給水塔を大型クレーン・重機を使用し、上層部より吊下・解体を実施
     給水塔基礎を解体し、跡地を埋戻し
    事業主:東京都住宅供給公社(JKK東京)
    施工業者:株式会社栄伸建設工業
    用途地域:
    • 第一種中高層住居専用地域
    ※いずれも2020年01月15日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    1件
    1. 旭町っ子 (2020年01月27日 13:06)

      人しれず訂正されていますが、使用できなくなるブラコン見たかった><

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2020-01-15 00:00:58