• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2019.07.28(日)
    Post:1 Tweet:9 Like:0

    多摩市を結ぶ「町田市道 忠生630号線」唐木田手前の狭隘路で、道路拡幅開始

    tadao630-20190721_1.jpg
    小山田桜台-唐木田方面の「ワゴン車検証運行」8月から小型バスに。ポンチョも納車
    多摩市の「尾根幹線」唐木田区間で拡幅完了。町田街道~唐木田間が4車線に
    多摩市方面への新しいアクセス道路「町田市道 忠生630号線」が開通!の続きです。

    町田市~多摩市を結ぶ準幹線道路「町田市道 忠生630号線」ですが、
    道路の線形改良等を目的とした「道路拡幅工事が、2019年7月上旬から着工しました。
    →地図を表示(東京都町田市上小山田町~下小山田町)

    tadao630-20190721_4.jpg tadao630-20190721_5.jpg
    <写真>山中集会所バス停付近の暫定整備区間と、集会所西側の狭隘路区間
    忠生630号線は、町田市が多摩市方面への新たなアクセス道路として2009年に整備したもので、
    市営下小山田苗圃~山中集会所前までの区間については幅員13mの新道が整備されましたが、
    山中集会所以北の多摩市側の区間については、現在も道幅の狭い狭隘路のままとなっていました。

    tadao630-20190721_2.jpg tadao630-20190721_3.jpg
    新道区間の完成からまもなく10年が経過し、近年は交通量も増加していることから、
    町田市では今回「忠生630号線(第二期)道路改良工事(その1)」として、
    未整備区間を中心に線形改良と道路拡幅を行うことになり、
    今回の工事は2020年3月中旬まで行われる予定です。

    川崎水道の施設は、道路拡幅に伴って移設へ

    tadao630-20190721_6.jpg
    <写真>移設することになった「川崎市上下水道局第1導水ずい道山中監視孔」
    今回の施工箇所は、2009年の整備時に暫定整備のままだった新道区間(山中集会所バス停付近)と
    山中集会所西側の狭隘路区間の一部で、狭隘路区間の拡幅予定地には川崎市上下水道局が管理する
    水道施設「川崎市上下水道局第1導水ずい道山中監視孔がありますが、道路拡幅の支障となることから、
    川崎市によって同施設の移設が行われる予定で、道路拡幅工事とは別件で工事が施工予定です。
    →地図を表示(東京都町田市上小山田町1064-3)

    ちなみにこの川崎水道の施設ですが、川崎市では市内に供給する水道水を
    相模原市内の相模湖(沼本ダム)付近や津久井湖(城山ダム)付近の水源から
    地下トンネルで町田市や稲城市などを経由して川崎市内の長沢浄水場へ水を運んでいます。

    町田市内にはこうした川崎市の水道用地下トンネルが計2本通っており、
    町田市北部を通る「第1導水ずい道」の監視施設は、町田市内ではここ以外にも、
    町田街道 小山交差点近くに「川崎市上下水道局第1導水ずい道堺監視孔」があるほか、
    もう1本の芝溝街道・鶴川街道に沿って通る「第2導水ずい道」の施設は鶴川駅近くに
    「川崎市上下水道局第2導水ずい道鶴川排泥孔(建屋無し)」が存在します。

    最終的には、唐木田まで1本の道での接続を目指す

    kanachu20190721_1.jpg
    <写真>2019年8月から小型バスの運行も始まる「忠生630号線」(写真は導入予定のバス)
    2017年12月からは、小山田桜台と唐木田駅東・多摩南部地域病院を結ぶ「ワゴン車検証運行」も
    同道路が経路として使用され、2019年8月1日(木)からはワゴン車から小型バスに車両変更されますが、
    工事期間中は一部区間において「片側交互通行」といった規制も行われる予定で、
    状況によってはバスの運行に若干の支障が出る可能性も考えられます。

    tadao630-20190721.png
    <地図>忠生630号線の計画線(多摩市側については協議中に付き、線形不明)
    なお今後、忠生630号線は、山中集会所付近の一部で新道に付け替えられる計画があり、
    将来的には多摩市方面まで1本の道で結ばれるようになる見通しで、市境を超えることから、
    線形や交差点の形状は接続先の多摩市と協議を進め、計画が進めていくことになります。

    工事情報
    [1] 忠生630号線(第二期)道路改良工事(その1)
    [2] 川崎市第1導水ずい道山中監視孔移設工事
    施工場所: [1] 東京都町田市上小山田町~下小山田町地内
    [2] 東京都町田市上小山田町1064-3
    工期:[1] 2019年7月上旬~2020年3月中旬(予定)
    [2] 2019年後半~2020年3月下旬(未着工)
    施工概要:[1] 道路改良工事
     工事延長 L=299.4m
     幅員 W=13.0m
    事業主:[1] 町田市
    [2] 川崎市
    施工業者:[1] 岳大土木株式会社
    [2] 未定
    ※いずれも2019年07月28日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    1件
    1. あけみ (2019年07月28日 07:56)

      このサイトは鉄道や道路の計画記事がいちばんわくわくする。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-07-28 00:00:58