• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2021.05.24(月)
    Post:0 Tweet:29 Like:

    東名高速「横浜町田IC」名古屋方面合流部で、付加車線の整備進む。渋滞対策で

    tomei20210520_1.jpg
    <写真>東名高速道路下り線の横浜町田IC付加車線整備区間(20.1KP付近)

    東名高速道路「横浜町田ICの名古屋方面合流部では渋滞対策として
    道路を拡幅して付加車線」の整備工事が、2021年1月から進められています。
    →地図を表示(東京都町田市鶴間7丁目)

    NEXCO中日本が進める東名の渋滞対策工事

    tomei20210520_2.jpg
    <写真>東名高速道路下り線の横浜町田IC付加車線整備区間(20.1KP付近)
    これは道路を管理する中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が
    「東名高速道路大和地区付加車線工事」として進める渋滞対策工事の一つで、
    横浜町田IC下り線では合流部から0.5kmに渡って加速補助車線の整備が進められています。

    tomei20210520_3.jpg
    <写真>東名高速道路の高架下部分(20.3KP付近)
    この工事に伴い、町田市道南117号線が通る鶴間7丁目の東名高架下では、
    2021年1月12日~9月30日までの予定で「車両通行止」の規制が行われており、
    高架下は現在、歩行者・自転車のみが通行可能で、自動車は大きく迂回が必要です。
    →地図を表示(東京都町田市鶴間7丁目)

    渋滞の名所「大和トンネル」でも8車線化の拡幅進む


    <動画>大和トンネル拡幅工事の説明動画(NEXCO中日本公式チャンネルより)
    施工は準大手ゼネコンの西松建設が担当し、車道の路肩を拡幅することで付加車線を整備し、
    東名ではここ以外にも、渋滞の名所「大和トンネル」への付加車線整備(約4km)も進めており、
    こちらも西松建設が施工し、トンネルの拡幅工法などをわかりやすく動画でも紹介しています。
    →地図を表示(神奈川県大和市上草柳)

    横浜町田IC~海老名JCT間は、東名の中でも交通量が多い区間として知られ、1日13万台が通行し、
    特に途中の「大和トンネル」はトンネル付近が緩やかな下り坂から上り坂となる「サグ部」にあることや
    トンネルに入って照度が落ちることで、車両の速度低下が起きることなどが渋滞の要因とされており、
    8車線化は悲願とされ、NEXCOでも今年度中の完成を目指し、工事が進められています。

    tomei20210330_1.jpg
    <写真>今回開通する「綾瀬スマートIC」の南側出口(画像提供:綾瀬市)
    最近では厚木IC~横浜町田IC間に、ETC専用の「綾瀬スマートIC」が
    2021年3月31日(水)に開通したことでも話題となった東名高速ですが、
    一刻も早い渋滞解消が急務となっています。
    【綾瀬SIC・上り出入口】→地図を表示(神奈川県綾瀬市小園)
    【綾瀬SIC・下り出入口】→地図を表示(神奈川県綾瀬市小園)

    投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    0件
    現在、コメントはありません。
    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2021-05-24 00:00:58