• 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2023.05.27(土)
    Post:10 Tweet: Like:

    鶴川駅に「地域交流拠点」新設に向け、ゼルビアと協定締結。新駅舎建設は6月着工へ

    tsurukawa20180530.jpg
    <写真>鶴川駅の北口駅舎。この場所に新たな「地域交流拠点施設」を整備する。
    22年度分の工事終えた「鶴川駅新北口広場」次期工事で仕上げへ。24年使用開始の続きです。

    町田市が駅前広場・新駅舎整備等を進める「鶴川駅周辺再整備事業」の一環として、
    2027年度末に使用終了となる鶴川駅現駅舎(北口改札)の位置に地域交流拠点施設」を整備し、
    施設整備に向けたパートナーとしてFC町田ゼルビアの運営会社「株式会社ゼルビア」と協定を締結しました。
    →地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-6-3)

    現北口駅舎跡地に「地域交流拠点施設」新設

    zelvia20200712.jpg
    これは、今後新駅舎の使用開始に伴って役目を終える鶴川駅の現北口駅舎の場所に
    地域交流とにぎわいを創出する「地域交流拠点施設(名称未定)」を新たに整備するもので、
    その施設整備に向けたパートナーとして、地元サッカークラブ「FC町田ゼルビア」を運営している
    サイバーエージェントグループの「株式会社ゼルビア」と2023年5月26日(金)付けで協定を締結しました。

    tsurukawa20230526_1.png
    <画像>地域交流拠点施設と新駅舎の整備平面図(プレスリリースより)
    今後建設が始まる新駅舎は現駅舎の東側に設置され、新駅舎使用開始後は現北口・南口改札は廃止予定ですが、
    これまで駅舎跡地に関する言及はなく、今回初めて計画が公表されましたが、施設の詳細は今後検討するとしており、
    現駅舎の閉鎖は2027年度末(2028年春ごろ)になる予定のため、施設設置は早くてもそれ以降になる見通しです。

    kanachu20230521_1.jpg kanachu20230521_2.jpg
    <写真>5/21の野津田公園直行バス。観客数が1万人を越え、神奈中の多摩や相模原も運用に入った。
    鶴川駅といえば、FC町田ゼルビアのホームスタジアム「町田GIONスタジアム(野津田公園内)」の最寄駅となっており、
    ホームゲーム時には駅前から直行バスが運行されることから、多くのサポーターが利用することで知られていますが、
    今後ゼルビアが関わる地域交流拠点施設が整備されれば、更にチームの盛り上がりに繋がることが期待できそうです。

    新駅舎建設工事は今年6月着工へ。27年度末使用開始

    tsurukawa20211112_9.jpg
    <画像>鶴川駅新駅舎の完成イメージ図(町田市公表資料より)
    一方、現駅舎の東側に建設される「新駅舎は、駅舎を橋上化して南北自由通路を設ける計画で、
    こちらは2027年度末に使用開始を予定し、同駅初のエスカレーター(改札内外)も設置される計画で、
    いずれも2023年6月から工事開始を予定しています(残工事を含め、工期は2028年度まで)
    【新駅舎予定地】→地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-6-3)

    tsurukawa20230526_1.jpg tsurukawa20230526_2.jpg
    <画像>新駅舎の改札口と南北自由通路の完成イメージ(プレスリリースより)
    新駅舎建設は小田急電鉄(市が補助金支出)が、南北自由通路整備は町田市が事業主となり、
    ガラス張りの開放的な外観が特長で、南北自由通路は幅10.5mを確保します。

    tsurukawa20230526_2.png
    <画像>鶴川駅新駅舎の駅構内イメージ図(プレスリリースより)
    この新駅舎設置にあわせて、1~3番線には転落防止用の「ホームドア」も整備されることが公表され、
    設置時期に関しての言及はないものの、早くても新駅舎の工事が一段落した後に設置されるものとみられ、
    今年度中に設置予定の町田駅に続き、市内の小田急線駅では2駅目の設置となる見通しです※
    (※玉川学園前駅でも2032年度までにホームドア設置計画あり)

    tsurukawa20221019.png
    <地図>鶴川駅周辺再整備事業の計画平面図
    今後は新たな「北口広場」の整備に向けた次期工事が2023年夏ごろから着工予定の他、
    2024年度にはその北口広場が暫定使用開始となる見通しで、今年度は工事が活発化が予想され、
    南口側においても広場整備などに向けて、市による用地取得が段階的に進められる方針です。
    【新北口広場】→地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-9)

    地図
    閉じる
    全画面
    鉄道
    ホームドア(鉄道)
    駅舎リニューアル(鉄道)
    スポーツ
    FC町田ゼルビア(スポーツ)
  • 鉄道
  • ホームドア(鉄道)
  • 駅舎リニューアル(鉄道)
  • スポーツ
  • FC町田ゼルビア(スポーツ)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    10件
    1. (2023年05月26日 19:51)

      そのうち急行が停まりそうな気がしますね…

    2. DQN (2023年05月26日 20:08)

      駅舎が変わるなら
      駅名も変えればいい。
      おしゃれな横文字で地価も上がる。

    3. 鶴川住人 (2023年05月26日 20:13)

      サイバーエージェントとしては国立競技場で主催したいと思うんさけど、ゼルビアは都心に移転しないのかな?

    4. ゼルビアータ (2023年05月26日 20:22)

      それこそ、本拠地移転なんてしたら暴動起きると思うよ。チーム名変更の件であれだけ荒れたのだから。

    5. サッカーファン (2023年05月26日 22:18)

      ゼルビアの運営会社は町田出身のO社長辞任
      イーグルさんも姿を消し、う~ん、今後のことはオーナー次第だろう。

    6. 未確認海綿体 (2023年05月27日 02:11)

      国立競技場を使うなら三輪緑山の練習場からも出て行ってもらいましょう。

    7. 名無し (2023年05月27日 09:46)

      サイバー社が町田に来るといいですね

    8. ななし (2023年05月27日 11:23)

      北澤さん町田出身だしゼルビアに何かしらしてくれないかなあ

    9. デッキの常連 (2023年05月28日 17:42)

      駅舎完成イメージ図に描かれている神奈中バスの車輌
      左ハンドル仕様になっているぞ😆

    10. バスマニャ (2023年05月28日 18:49)

      しかも、相模原に2台しかいなかった日野のレア車をわざわざ画像に使った意味よw
      町田市と小田急のチョイスワロス。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2023-05-27 00:00:55