• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2023.01.04(水)
    Post:5 Tweet: Like:

    整備中の「鶴川駅新北口広場」2024年度使用開始に向け、初の歩行者通路切替へ

    <追記>2023年1月上旬に通路が切り替えられました。

    tsurukawa20230103_1.jpg
    <写真>今月中に切り替えが予定される歩行者通路。切り替え後は新広場内を抜ける形に。
    鶴川駅前で「新北口広場整備」本体工事開始。2024年度にバス乗り場移転への続きです。

    鶴川駅前で整備が進む新たなバス・タクシーロータリー「鶴川駅北口交通広場ですが、
    2024年度から暫定使用開始(2027年度末に広場全面使用開始予定)に向けて
    2023年1月中に歩行者通路切り替えを実施し、新広場内の仮設通路を抜けるルートに変更されます。
    →地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-9)

    交通広場整備事業では初の歩行者通路切替に

    tsurukawa20221019.png
    <地図>鶴川駅周辺再整備事業の計画平面図
    これは、都市防災機能の向上等を進め、交通利便と生活環境等の改善を図る目的で
    町田市が計画を進める「鶴川駅周辺街づくり事業」の一環として新たに整備されるもので、
    既設北口広場東側の駐車場跡地に新たな「新北口広場」を整備し、交通広場機能を移転します。

    tsurukawa20230103_2.jpg
    <写真>新北口広場の現在の様子。奥ではバスシェルターの設置も進む。
    新北口広場予定地では、2021年5月から平面駐車場の解体工事が進められた後、
    2021年8月~2022年3月にかけて市発注の「電線共同溝工事」が進められましたが、
    2022年7月下旬からは「鶴川駅北口広場道路築造工事」が開始されているほか、
    今夏からは新広場に上屋を設置する「バスシェルター建築工事」も着工しています。

    tsurukawa20230103_3.jpg tsurukawa20230103_4.jpg
    tsurukawa20230103_5.jpg tsurukawa20230103_6.jpg
    今回の工事は、2023年3月上旬までの工期で広場歩車道の整備を中心に進めますが、
    今回はその第1弾としてマルエツ向かい側の歩道を、新たに設置される新北口広場内の
    仮設通路に切り替えることで、新広場内を抜ける迂回ルートに変更します。

    tsurukawa20230103.png
    <地図>今後の歩行者通路切り替え予定図(町田市公表資料より)
    今春の工事終了まで計3回の歩行者通路切り替えを実施予定で、
    特に駐輪場側から駅へのアクセス路が複数回切り替わる形です。

    新北口広場、24年度暫定使用開始へ。新駅舎建設も

    tsurukawa20211112_4.jpg
    <画像>北口新広場の完成イメージとデッキ完成までの歩行者導線(町田市公表資料より)
    2023年度には2期目の工事を施工した後、2024年度初頭に新広場の暫定使用を開始予定で、
    既存広場から新広場にバス・タクシー乗り場が切り替えられることで現在の北口広場の風景も
    残り1年ほどで姿を消すことになります。

    tsurukawa20211112_9.jpg
    <画像>鶴川駅新駅舎・現時点での完成イメージ図(町田市公表資料より)
    一方、今回の鶴川駅周辺再整備計画では、小田急電鉄と共同で駅舎改良も実施し、
    現駅舎の東側に「新駅舎を建設し、駅舎を橋上化・南北自由通路を設ける方針で、
    こちらは2027年度末に使用開始を予定し、同駅初のエスカレーターも設置されます。
    【新駅舎予定地】→地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-6-3)

    tsurukawa20230103_8.jpg
    <写真>鶴川駅南口の「小田急エンジニアリング」解体の様子
    新橋上駅舎は小田急電鉄が、北口と南口を結ぶ「南北自由通路」は町田市がそれぞれ整備を行い、
    いずれも2023年度に工事開始予定で、工事スペース確保のためか、南口にあった小田急グループの
    「小田急エンジニアリング軌道部鶴川軌道作業所」は今秋にかけて全て解体され、更地となっています。
    →地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-15-30)

    工事情報
    [1] 鶴川駅北口広場道路築造工事
    [2] 鶴川駅北口広場バスシェルター建築工事(1期)
    施工場所: 東京都町田市能ヶ谷1丁目
    工期:[1] 2022年7月下旬~2023年3月上旬(予定)
    [2] 2022年夏~2023年3月3日(予定)
    施工概要:[1] 鶴川駅北口広場道路築造工事
    土工
     掘削 V=3,090㎥
     床堀 V=188㎥
     埋戻し V=151㎥
    道路築造
     排水構造物工(スリット側溝) L=380.9m
     車道舗装工(50型) A=2,973㎡
     歩道舗装工(t=18cm) A=1,166㎡
     路床改良工 A=2,996㎡
     縁石工(歩車道境界ブロック) L=322.7m
     道路付属物工(分離帯) L=339.2m
     照明工(照明灯柱基礎) 10箇所     外
    [2] 鶴川駅北口広場バスシェルター建築工事
    バスシェルター新築
     鉄骨造平屋建て、延床面積259.92㎡
    事業主:町田市
    施工業者:[1] 株式会社南州建設開発興業
    [2] 株式会社イワヲ建設
    用途地域:
    • 商業地域
    ※いずれも2023年01月04日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    路線バス
    神奈川中央交通(路線バス)
    行政関連
    停留所新設(路線バス)
    連節バス「ツインライナー」(路線バス)
    鉄道
    小田急バス(路線バス)
    駅舎リニューアル(鉄道)
    タクシー
  • 路線バス
  • 神奈川中央交通(路線バス)
  • 行政関連
  • 停留所新設(路線バス)
  • 連節バス「ツインライナー」(路線バス)
  • 鉄道
  • 小田急バス(路線バス)
  • 駅舎リニューアル(鉄道)
  • タクシー
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    5件
    1. 鶴川住人 (2023年01月03日 21:02)

      これを機会に下り線にも待避線を作れば良いのに。

    2. オタクマップ管理人 (2023年01月03日 22:23)

      南町田のように急行停車駅にならないものでしょうか?なってほしいです。
      町田と新百合ヶ丘の間は3つの駅がありますが、23区内の3つの各駅停車の駅の間隔と距離が全然違うでしょうし。

    3. 名無し (2023年01月03日 23:00)

      いまいちわからんのだけど、これ全部完成したら、
      北口でバスの降車後駅のホームに向かうとき、一度信号待たなきゃならんの…?
      改札口どこなんだろ。

    4. バスファン (2023年01月04日 02:03)

      >オタクマップ管理人さん
      朝ラッシュ時は登戸以東で実質急行と同じ運行を行う「通勤準急」がありますので、現状の乗降客数を考えても、平日の急行停車はまず無いと思われます。

      >名無しさん
      2024年度の新広場暫定使用開始時は、デッキも新駅舎も完成していないので、バスを降りて(降車場はガスト前に移設)から北口改札に向かうのはキャンドゥ前の信号機を渡るのが最短ルートになります。
      2027年度末の新駅舎完成後は、北口と南口改札は閉鎖され、新たに新駅舎直結のデッキが開通するため、ガスト前のバス降車場からはデッキ経由で直接新駅舎の改札に行けるようになります。

    5. お名前 (2023年01月04日 07:05)

      駅横の大きな古い家屋はどうなるんでしょうか
      気になります

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2023-01-04 00:00:50