• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2022.06.16(木)
    Post:
    Tweet: Like:

    町田で活躍する人々をゲストに招く「町田市100人カイギ vol.10」オンライン開催

    100ninkaigi20220614.jpg
    町田市で暮らす・働く・面白いことをされている人々をゲストに招いて行う
    チケット制の有料オンライン配信イベント「町田市100人カイギ vol.10が、
    2022年6月18日(土) 19時から開催します(要申込)

    今回で10回目を迎える「町田市100人カイギ」

    100人カイギは、「マチで活動する100人がプレゼンする」をコンセプトに東京都港区から始まった活動で、
    現在では全国50地域以上に拡大し、ゲストを5人ずつ招いて20回開催、計100人がお話しされたところで
    解散することがあらかじめ決まっていることに由来しています。

    2021年8月よりスタートした「町田市100人カイギ」では、町田市で暮らす・働く、面白いことをされている方を
    毎月5名ずつゲストに招き、自身のことやこれまでの活動についてお話ししてもらうオンライン配信のイベントで、
    今回が10回目の開催となり、参加者は町田市と縁が無くても参加可能です。

     【町田市100人カイギ vol.10】
     <日時・タイムテーブル>
      2022年6月18日(土) 19:00~21:00
       19:00~19:20 ご挨拶
       19:20~20:30 ゲストのお話(5名)
       20:30~21:00 交流の時間
     <会場>
      参加チケットをご購入いただいた方に、Zoomの参加URLとパスワードをお送りします。
     <参加費>
      一般 1,000円
      親子 500円
      学生 500円
     <参加申し込み>
      Webサイト「Peatix」より申し込み(定員は40名ほど)
      https://machida100kaigi-vol10.peatix.com
     <ゲスト>
      ●陶山慎治さん(社会福祉法人悠々会理事長)
       町田市に拠点を置く、高齢者介護福祉サービスを提供する、社会福祉法人悠々会理事長
       介護保険以外にも、高齢者の多様な社会性、居場所作りの必要性を感じ、地域作りにも取り組む。
       近年は、元気高齢者による子育て支援、支え合う住まいの提供など、共生社会作りにも取り組んでいる。
      ●松村直輔さん(ステップチェンジ株式会社代表取締役)
       ステップチェンジ株式会社代表取締役。住宅地のコミュニティづくりを支援するプロジェクトを遂行。
       町田市の成瀬駅前にてコワーキングスペースとシェアキッチン、ボックスショップを併設する「TENT成瀬」を
       2021年にオープン。「ツナガルナルセ」を合言葉に広場を使った青空市や近隣店舗や自治会、
       近隣のアクティビストと成瀬を盛り上げようと奮闘中。
      ●熊切勝夫さん(こどものまち「ミニまちだ」実行委員会 代表)
       長年の単身赴任生活&コロナ禍での移動制限を経験して、子供と過ごす時間の大切さを実感。
       その思いから、子供達の遊び・学び・成長する活動を通して町田市を元気にするボランティア団体を立ち上げる。
       まずは町田市で初開催(←2022年11月開催)となる『ミニまちだ』成功のために鋭意活動中。南大谷在住。
      ●伊澤恵さん/大野理加さん(不登校親の会カラフル)
       不登校の子どもを持つ親が繋がる場所として、伊澤恵(保育士)、大野理加(元小学校教諭)の
       2人の母が運営。   主な活動は、月に1回、親の会の開催、Facebookグループなど。情報を共有したり、
       心に溜まっている悲しみや不安を話したりすることで、気持ちがフッと軽くなります。子ども達がこれからの人生を
       自分らしく生きていくために、まずは親が安心して自分らしくいられるような居場所を作っていきたいと思います。
      ●本藏真琴さん(プリン工場長)
       産まれも育ちも町田市。大学は、社会福祉学部に在籍していたが、4年生の就活中に当時社長の父に
       「プリン始めるから責任者になってくれ」との鶴の一声?!で就農決定。卒業後すぐに横須賀の大きな養鶏場で
       住み込みでプリン製造のノウハウを学ぶ。その後は、3人の育児をしながら、自社の卵を使い、プリンや温泉卵の
       製造に携わる。プリンは町田市名産品や東京都特産品に認定され、各地イベントにも出店販売している。

    イベント情報
  • イベント情報
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    [Update] 2022-06-16 00:01:00