• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2022.02.22(火)
    Post:
    Tweet: Like:

    過去最多49名で争われた「町田市議選」現職26名・元職3名・新人7名が当選

    machida20220221_1.png
    任期満了に伴って、2022年2月20日(日)に投開票が行われた「町田市議会議員選挙ですが、
    定数36名に対して過去最多の49名が立候補し、現職26名・元職3名・新人7名が当選を果たし、
    新人候補者は半数以上が落選する狭き門となりました。

    立候補者数は過去最多の49名。新人は7名当選

    machida20220221_2.png
    今回の市議選では、現職29名・元職3名・新人17名の計49名が立候補し、
    これまでで過去最多の立候補者数(※前回4年前の選挙は44名)となりましたが、
    現職は26名当選・3名落選、元職は3名全員当選、新人は7名当選・10名落選となり、
    新人候補者は半数以上が落選する狭き門となりました。

    市議選のトップ当選は、2021年の都議選出馬で市議を辞職していた無所属の元職・吉田勉氏で、
    吉田氏は前回2018年の選挙でもトップ当選を果たし、今回は前回を上回る9千票近い票を集め、
    次点で現職の矢口まゆ氏、おぜき重太郎氏と、日本維新の会の候補者が続く形となりました。

    当日の投票率は42.52%と、前回2018年の42.35%より若干微増となりましたが、
    期日前投票は57,301人が投票(前回は46,183人)するという結果になり、
    こちらは前回よりも大幅増となりました(※今回の投票者年齢層は未発表)

    machida20220221_3.png
    一方、同日に行われた「町田市長選挙」は速報の通り、新人候補者5名を抑えて
    現職の石阪丈一氏(74歳)が5万3千票近くを集め、5回目の当選を果たしており、
    町田市としては1970年~1990年の大下元市長以来の5期目突入となります。

    行政関連
  • 行政関連
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    [Update] 2022-02-22 00:00:50