• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2020.06.14(日)
    Post:3 Tweet:30 Like:0

    JR町田駅前~国際版画美術館を結ぶ「無料シャトルバス」週末中心に運行開始

    <追記(8月)>
    8月より「運行時刻」が変更となり、10時台の運行が取りやめとなりました。
    また、16時台・17時台に増発便が設定されました。
    最新時刻表:https://machida-road.up.seesaa.net/image/hanga20200821.png

    hanga20200613_1.jpg
    芹ヶ谷公園の「拡張エリア」全面開園へ!約1.2倍広がり、46mの大型滑り台も
    JR町田駅前~芹ヶ谷公園で、神奈中の「無料直行バス」10月限定で実験運行開始の続きです。

    町田市では来館者の利便性向上を図る目的で、ワゴン車(トヨタ・ハイエース)を使い、
    町田駅と国際版画美術館を結ぶ「無料シャトルバスが、2020年6月9日(火)から運行開始しました。

    版画美術館へのアクセス向上を目的に、週末中心に運行

    hanga20160929_2.jpg
    <写真>芹ヶ谷公園内にある「町田市立国際版画美術館」
    これはJR町田駅前の原町田大通り~芹ヶ谷公園内の国際版画美術館間を結ぶ無料送迎バスで、
    当初は2020年4月18日(土)からの運行開始を計画していましたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で
    美術館が休館となったことで運行開始も延期され、6月9日(火)の美術館再開にあわせて運行が始まりました。

    hanga20200613.png
    <写真>無料シャトルバスの時刻表と運行日カレンダー(2020年6月現在)
    運行本数は町田駅発美術館行きが1日14本、美術館発町田駅行きが1日15本で、
    企画展開催中の土曜・日曜・祝日を中心に運行(企画展示替え中の9/19~22は運休)し、
    2020年8月1日(土)~16日(日)についてはほぼ毎日運行を予定しています(8/3と11は運休)

    hanga20200613_02.jpg hanga20200613_03.jpg
    <写真>オリジナルラッピングを施した車両。1号車と2号車でデザインが異なる。
    運行車両はオリジナルラッピングを施した「トヨタ・ハイエース(定員10名程度・車いす用リフト付き)」ですが、
    新型コロナウイルス感染拡大防止対策の為、乗車定員を半分程度の5名(車いす利用者乗車時も同様)とし、
    座席を空けて人との間隔を取るほか、車内では定期的な清掃・換気を行い、乗車時はマスク着用を呼びかけており、
    運行は市から委託された小田急オートサービス(小田急タクシーを手掛ける「小田急交通」の子会社)が行います。

    2016年の実験運行以来、約4年ぶりに「送迎バス」が復活

    kanachu20161002.jpg
    <写真>2016年に運行された「無料シャトルバス」。神奈中・町田営業所のまちっこが使われた。
    同区間のシャトルバスといえば、2016年秋に「町田駅~芹ヶ谷公園間のバス運行社会実験」として、
    神奈川中央交通町田営業所の「町田市民バスまちっこ」の車両(小型CNGノンステップバス)を用いて
    JR町田駅前から芹ヶ谷公園(国際版画美術館側)までを結ぶ「無料シャトルバス」が運行されました。


    <動画>2016年に運行された「無料シャトルバス」が芹ヶ谷公園前で折り返す様子
    町田市による社会実験の調査の結果、約1ヶ月間の週末限定で1日8往復を運行(運賃無料)し、
    1便平均10人(1日平均160人前後)が利用し、一部は立ち乗り客が出るほどだったものの、
    同路線を有料で運行する場合は、運賃を1人片道600円徴収しないと採算が確保できず、
    採算性が見込めないことなどの判断が示され、以降は運行されることがなかったことから、
    前回の実験運行終了以来、約4年ぶりの運行再開(事実上の復活)となります。

    停留所は前回の運行と同じ場所を使用。但し経路は大幅短縮に

    hanga20200613_4.jpg
    <写真>JR町田駅前の無料シャトルバス乗り場。看板等の設置は無い。
    乗り場・降り場は前回の実験運行時と同じ場所(JR町田駅前は「AETA町田」正面付近)を使い、
    2020年3月に拡張エリアが全面オープンした「芹ヶ谷公園」へのアクセスにも利用できることから、
    梅雨明け以降は利用増が見込まれますが、前述通り感染対策で乗車定員を減らしている為、
    乗車できない場合は次の便を利用するよう呼びかけています。
    【JR町田駅前】→地図を表示(東京都町田市原町田6丁目)
    【版画美術館】→地図を表示(東京都町田市高ヶ坂1丁目)

    machikko20160921_4.jpg
    <写真>今回の運行ルート。全員着席の為、短絡の急坂ルートが採用された。
    また、運行経路は前回のように三塚交差点・高ヶ坂交差点を廻るルートでは無く、
    町田せりがやクリニック(旧・伊藤病院)前の急坂を昇り降りする短絡ルートに変更され、
    これは前回の小型バスの際には急坂で立ち客が転倒する危険があって採用されなかったルートで、
    今回はワゴン車の座席に全員着席し、車椅子乗車の場合も専用ベルトで固定されていることから、
    安全性が確保できるという理由で採用されました。

    なお今後、原町田大通りでイベントもしくは歩行者天国実験による交通規制実施時は、
    JR町田駅前の乗降位置が、浄運寺前交差点以北の辺りに変更される予定です。

    路線情報
    町田駅~国際版画美術館・無料シャトルバス
    運行区間: 東京都町田市原町田6丁目~高ヶ坂1丁目
    (町田駅前~国際版画美術館)
    改正日:2020年6月9日~11月23日運行
    (※主に週末限定)
    運行本数:
      町田駅→美術館:14本
      美術館→町田駅:15本
    運賃:無料
    運行担当:小田急オートサービス株式会社
    ※いずれも2020年06月14日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    路線バス
    停留所新設(路線バス)
    新車投入(路線バス)
    路線新設(路線バス)
  • 路線バス
  • 停留所新設(路線バス)
  • 新車投入(路線バス)
  • 路線新設(路線バス)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    3件
    1. 不審者 (2020年06月13日 21:51)

      夜間の不審者も沢山増えました。防犯カメラつけたほうがいいんじゃないかな?

    2. 芹が谷住民 (2020年06月14日 06:00)

      不審者といえば、以前から野外のトイレに不審な利用者が多いと指摘されているが、トイレ内には防犯カメラ設置はNGだが、外には付けてほしい。

    3. ITOTOI (2020年06月15日 12:30)

      伊藤病院の急坂、交通量多いのだから歩道整備して欲しいな。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2020-06-14 00:00:58