• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2016.10.02(日)
    Post:13 Tweet: Like:

    JR町田駅前~芹ヶ谷公園で、神奈中の「無料直行バス」10月限定で実験運行開始

    <動画追加(10/2 AM0:50)>
    YouTubeに動画をアップしました。
    https://youtu.be/oMDQ9lWXg_I

    machikko20161001_1.jpg machikko20161001_2.jpg
    <写真>実験運行に使用された「まちっこ」の車両(ま177・ま176)
    スナイパーさん、芹が谷住民さん、進撃の町田巨人さんから頂いた写真です。ありがとうございます。

    JR町田駅前の原町田大通り~芹ヶ谷公園間を結ぶ「無料直行バスが、
    バス運行社会実験運行の一環で、まちっこの車両を使って行われることになり、
    2016年10月1日(土)から10月の週末限定で実験運行が開始されました。

    machikko20160921_4.jpg
    <写真>芹ヶ谷公園の版画美術館側のアクセス路。急な坂道となっている。
    現在、芹ヶ谷公園はこれまで、最寄停留所から距離があることもあって、
    アクセスは徒歩やマイカーなどと、やや不便な状況にありました。

    また、公園へのアクセス経路には狭隘の坂道や階段などが多く存在する為、
    町田市では今回の実験運行を行い、利用客需要を検証するのが目的となっています。

    machikko20160921_3.jpg machikko20160921_2.jpg
    <写真>新たに設置された案内看板に記されている時刻表と運行経路図
    運行日時は、10月の土日祝の9時~16時半の間(合計11日間、1日8往復)で、
    JR町田駅前の原町田大通りは毎時0分発、芹ヶ谷公園は毎時30分発となります。

    運行経路は、町92系統(高ヶ坂団地線)と同様に成瀬街道を走行していき、
    高ヶ坂センター前バス停手前で住宅地の2車線道路へ入り、芹ヶ谷公園へ向かう形で、
    途中にある停留所はすべて通過する「直行シャトルバス」という運行形態です。

    こうして遠回りをして運行する理由は、前述の版画美術館側の道(伊藤病院前)が、
    狭いうえに勾配がきつい急坂であった為、安全上の理由から関係機関の運行許可が
    下りなかったことが背景にあるようです。

    なお、町田街道などで渋滞にハマった場合などは、到着に少々時間が掛かるようで、
    所要時間は片道平均10~20分程度となっています。

    原町田大通りバス停(JR町田駅・auショップ前)

    machikko20161001_3.jpg machikko20161001_4.jpg
    <写真>停留所となっているauショップ前の原町田大通りバス停
    停留所の設置位置は、町田駅前の「原町田大通りバス停」がauショップ町田店前で、
    2010年9月の停留所移設前までは町田バスセンターの9番乗り場として使われていたことから、
    バスベイも設けられていますが、今回の実験運行で約6年ぶりのバスベイ再使用となります。
    【原町田大通り】→場所はコチラ(東京都町田市原町田6丁目)

    machikko20160921_7.jpg
    9番乗り場が移設されて以降、この場所での路上駐停車が増えていたことから、
    今回のバスベイ再使用で、車両の駐停車を控えるよう、看板も設置されています。

    芹ヶ谷公園バス停(公園駐車場横ロータリー)

    machikko20161001_5.jpg machikko20161001_6.jpg
    <写真>停留所となっている公園駐車場横の芹ヶ谷公園バス停
    一方「芹ヶ谷公園バス停」は国際版画美術館そばの公園駐車場横にある
    ロータリー上での発着となっており、ここも実験運行バスの進入時以外は、
    路上駐車対策として、ロータリー手前には進入禁止のコーンが設置されました。
    【芹ヶ谷公園】→場所はコチラ(東京都町田市高ヶ坂1丁目)

    machikko20161001_7.jpg machikko20161001_9.jpg
    また、芹ヶ谷公園バス停では、ロータリーが非常に小規模であり、
    まちっこのような小型バスでも切り返さないと出られないことから、
    高ヶ坂団地バス停のように、誘導員が常駐となっています。

    初日は多くの乗客が利用。満員の時間帯も。

    machikko20161001_8.jpg
    今回の実験運行では、平日のみ使用されている神奈川中央交通 町田営業所所属の
    小型ノンステップバス「まちっこ」のま176、ま177(いずれもエアロミディME)が使用され、
    LED行先表示は普段のまちっこでは見られない「神奈川中央交通」を表示していました。


    <動画>芹ヶ谷公園バス停での運行の様子
    初日の運行では多くの人が乗車し、ほぼ満員の時間帯もあったことから、
    実験運行は成功と言えそうで、今後本格運行への動きも期待されます。

    路線情報
    町田駅~芹ヶ谷公園間・バス社会実験運行
    運行区間: 東京都町田市原町田6丁目~高ヶ坂1丁目
    (原町田大通り~芹ヶ谷公園)
    改正日:2016年10月1日~10月30日運行(週末限定)
    運行本数:
      土曜休日8本
    運賃:無料
    運行担当:神奈川中央交通 町田営業所
    ※いずれも2016年10月02日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    路線バス
    神奈川中央交通(路線バス)
    停留所新設(路線バス)
    路線新設(路線バス)
  • 路線バス
  • 神奈川中央交通(路線バス)
  • 停留所新設(路線バス)
  • 路線新設(路線バス)
  • 投稿者
    投稿スペシャル(No.33:進撃の町田巨人さん)
    投稿スペシャル(No.73:スナイパーさん)
    投稿スペシャル(No.13:芹が谷住民さん)
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    13件
    1. 町田好き (2016年09月21日 21:53)

      直行便と言っても遠回りなんですね。原町田4丁目も停まってくれると良いかも。市の施設なら文学館ことばらんどに行きやすくなるし、木々の間を散策しながら版画美術館や広場に降りて行きたい人にも良いと思います。

    2. 町田のたかし (2016年09月22日 12:40)

      こんにちは。
      芹が谷公園へ向かう方の坂があるので、公園の住民の方々の利用効果がどれだけあるのか実験運行での結果が見たいですね。

    3. 芹が谷住民 (2016年09月22日 14:31)

      町田駅~芹が谷公園~成瀬のコミュニティーバス計画がありましたが、版画美術館入口~伊藤病院の道が狭いため、警察の許可が出ませんでした。また、ガラス工芸館を版画美術館の隣に作り、そのエレベーターを使って公園へのアクセスをよくする計画がありましたが、市財政が苦しいという理由で延期されました。版画美術館のアクセスの悪さ(特に高齢者や障害者にとって)はバリアーフリー法成立後、問題となっており、解決策としてでてきたのだとおもいます。
      版画美術館のロータリーは小型バスでも切り返さないと転回できないと思うので、誘導員を配置するのでしょうか?

    4. 去る (2016年09月22日 15:25)

      利用者が多ければ定期運行するのか。

    5. 武相太夫 (2016年09月22日 18:30)

      町田街道の版画美術館入口交差点から、最短の版画美術館までの道は本当に狭く、伊藤病院前の坂がハンパなく急勾配で車も歩行者も、かなり通行に気を使う場所です。
      今回のバスは、実験運行との事ですが、本格運行されれば迂回経路とはいえ、特に身体の不自由な人、年寄りの人には需要はありますね。入館者からの要望もあるのかも…。
      タレント・放送作家 永六輔さんは、元気な頃、版画美術館に度々、来られていたらしいので、このバスがあれば喜ばれたかもしれませんね。

    6. 芹が谷住民 (2016年09月28日 09:58)

      今回の社会実験で利用が多ければ、有料コミュニティーバスを走らせるという話があるようだが、平日も運行するのか、途中にバス停ができるのかなどは不明。町田市のコミュニティーバスは、従来のバス路線がない地区で運行することになっているので、町田駅~高ケ坂交差点が既設バス路線とダブるので、一般路線になるのかも。

    7. ちょんぽい (2016年09月28日 19:20)

      病院利用者や近隣住民の利用が見込め平日も運行する有料コミュニティーになりそうな気がする

    8. 通りすがり (2016年09月28日 20:40)

      平日はまちっこの公共施設巡回ルート(町18)を経変して芹ヶ谷公園経由に、
      土日祝は町田駅間とのシャトル運行(週末はまちっこの運行がない関係で)にする気だったりして。

      あとは伊藤病院の道をバスが通れる幅だけ拡幅出来れば、警察の許可も降りそうだけど、どうなんだろ。
      赤字の玉ちゃんバス南ルートより、よっぽど収益性確保できそうな気がするが。特にさくらまつりや時代祭りみたいな大型イベントがあるときは特に。

    9. 町田好き (2016年09月29日 09:18)

      伊藤病院の坂の上の方歩道工事してるみたいですね。新しく建物が出来るようなのでその関係かなと思いますが。
      歩道が整備されるだけでも通行しやすくなりそうですが、保育園との間には新しい植木があるのでそこは歩道が分断され道路を歩くようになるのかな。私有地だと思いますが歩道を繋げてくれたらいいなと思ってます。

    10. 芹が谷住民 (2016年10月01日 16:22)

      今日、試験運行始まりました。
      伊藤病院の前は狭いだけでなく、急坂なので車内で立っていると危険というのも理由なようです。
      今日は、座席はいっぱいになる程度の利用者はいたようです。

    11. 武相太夫 (2016年10月01日 23:20)

      駅からだけでなく両方向ともに満車だったと、ここが実験運行では重要ですね。正式な運行も期待を持てますね。
      実験は成功となった場合、問題は渋滞ですかねぇ。
      あと、行先表示は、その時には版画美術館行が表示されるのでしょうか。ここだけでも町田市の半信半疑が伺えますね。

    12. やっすぃ (2016年10月02日 03:39)

      満車と言うか満員かな?

    13. 武相太夫 (2016年10月02日 10:54)

      やっすいさん、有難うございます。恐縮です。
      満車ではなく、満員に訂正します。

      高ヶ坂  南大谷、成瀬地区は町田のなかでも比較的に坂が多い場所です。
      この地区、初めてのコミニティバスが芹ヶ谷直行便と残念な気もします。これを皮切りに他の路線バスが減便または、走っていない場所にコミニティーバスを町田市には、お願いしたいです。
      たびたび、失礼致しました。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2016-10-02 00:00:58