• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2011.03.23(水)
    Post:0 Tweet:0 Like:0

    映画「まほろ駅前多田便利軒」4/23より上映開始!

    mahoro20110317_1.jpg
    町田が舞台となっている映画「まほろ駅前多田便利軒」が、
    いよいよ全国の劇場(※一部県を除く)で、2011年4月23日(土)から公開されます。

    この映画は、まほろ市のまほろ駅前で便利屋「多田便利軒」を営む多田啓介(瑛太)と、
    その彼の元へ転がり込んできた行天春彦(松田龍平)による痛快便利屋物語。
    この二人の下へ舞い込んでくる、どこか奇妙で、きな臭い依頼に係わっていくうちに、
    さまざまな人間模様が見えていくストーリーになっています。

    この映画は元々、別冊文藝春秋で小説として掲載された後、2006年に単行本化。
    そして今年、映画化となりました。

    そして、この小説を書いた三浦しをんさんは、東京都町田市在住で、
    昔は町田市森野1丁目にある古本屋「高原書店」でアルバイトをしながら、
    執筆活動を続けていたそうです。

    そんな著者の思い入れのある町田市内が、この小説の中では舞台となり、
    映画でもロケ時に、町田市の協力で撮影が進められました。

    mahoro20110317_2.jpg
    映画の中でも登場する主人公が営む便利屋「まほろ駅前多田便利軒」は、
    原町田4丁目のビル前で撮影が行われたほか、劇中には町田東急ツインズ、
    町田市役所屋上、町田バスセンター、東口カリヨン広場、町田駅前通り、
    スリーエフ 町田高ヶ坂店、JR町田駅北口の公衆トイレなど、
    町田市民には馴染み深い場所がいくつも登場します。

    ちなみに上映劇場は、町田市内では「109シネマズグランベリーモール」のみで、
    町田市外の映画館では、MOVIX橋本、ワーナー・マイカル・シネマズ新百合ヶ丘、
    ワーナー・マイカル・シネマズ多摩センター、ワーナー・マイカル・シネマズ海老名、
    立川シネマシティなどで上映予定です。

    なお、109シネマズグランベリーモールほか一部の劇場では、
    一般1,300円の前売券も数量限定で販売されています。

    投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    0件
    現在、コメントはありません。
    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2011-03-23 00:00:00