• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.05.05(土)
    Post:5 Tweet:12 Like:0

    三輪緑地内に、郷土資料室や休憩所を完備した「三輪の森ビジターセンター」開設

    miwa-ryokuchi20180503_1.jpg miwa-ryokuchi20180503_2.jpg
    シェリーさんからお送り頂いた写真です。ありがとうございます。

    町田市三輪町の「三輪緑地」内に、郷土資料展示室や休憩所などを完備した
    緑地拠点施設「三輪の森ビジターセンターが、2018年4月20日(金)にオープンしました。
    →場所はコチラ(東京都町田市三輪町740-1)

    miwa-ryokuchi20180503_3.jpg
    三輪緑地は、横浜市との市境に位置する約2.1ヘクタールの都市計画緑地で、
    隣接する横浜市の「寺家ふるさと村」や「こどもの国」、周辺の農地や社寺林と
    一体となって広域な緑地帯を形成しています。

    元々この場所の一部には、2005年12月~2007年5月まで動物霊園がありましたが、
    以前から霊園に対しては反対運動があり、その後霊園側と住民間による裁判を経て、
    2008年9月から霊園事業者と町田市の間で、霊園跡地の用地取得交渉が開始され、
    2010年3月に市側が土地を取得し、以降は隣接地の買収も進めながら緑地整備を進め、
    現時点で約45%の用地取得が完了しており、今後も緑地の拡張整備を進めていく方針です。

    miwa-ryokuchi20180503_4.JPG miwa-ryokuchi20180503_5.JPG
    <写真>ビジターセンター内の休憩室と郷土資料展示室(町田市HPより)
    今回、ビジターセンターとして開設された建物(三輪緑地管理棟)は、
    かつて霊園が使用していた既存施設を改修したうえで再利用したもので、
    センター内には緑地の散策拠点として、トイレ・休憩室・情報コーナーの他、
    鶴川地域の民俗資料を中心に展示した「郷土資料展示室」を設けています。

    アクセスは、鶴川駅から神奈中バス・鶴01系統(鶴川女子短期大学線)で
    「妙福寺前」バス停で下車して徒歩約10分で、開館時間は9:00~16:00、
    休館日は毎週月曜日(月曜が祝日の場合は、翌火曜日)と年末年始になります。

    施設情報
    三輪の森ビジターセンター
    用途:ビジターセンター・緑地管理施設
    所在地: 東京都町田市三輪町740-1
    アクセス:鶴川駅より「妙福寺前」バス停下車徒歩10分
    開館時間:9:00~16:00
    休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
    -- その他情報 --
    開設日:2018年4月20日
    前身:東京・宝塚動物霊園
    用途地域:
    • 指定なし (市街化調整区域)
    ※いずれも2018年05月05日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    行政関連
  • 行政関連
  • 投稿者
    投稿スペシャル(No.144:シェリーさん)
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    5件
    1. 町田のたかし (2018年05月06日 16:09)

      鶴見川サイクリングロード沿いにできたのですね。 サイクリングで一度立ち寄りたいですね。

    2. 地元民 (2018年05月09日 10:51)

      こんなところで無駄な金を使うのはほんとに勘弁してほしい。

    3. 元町田人 (2018年05月10日 06:38)

      用地取得の経緯を考えれば、この様な施設を作らないとそれこそ意味がないのかも。

      数年後にはこの辺りに自然が残って良かった。って思えるようになるかもね。(^ ^)

    4. 自然を守る人 (2018年05月10日 07:08)

      税金の無駄と言っている人がいますが、この施設は公園管理棟も兼ねているので、広大な緑地を管理するうえでは必要不可欠な施設です。
      また、新築したわけではなく、元々あった施設を改装して再利用しているのも、費用を抑える点で評価できます。
      もし市や住民が介入せず、このまま放置していれば、ここの自然が更に破壊されていたのは明白でしょうし、税金投入はある程度は致し方ないと思いますが。

      まぁアクセス面では課題もありますが。何せバス停からやや遠く、若干不便という・・・。

    5. 町田のたかし (2018年05月13日 17:28)

      昨日、立ち寄りしました。
      まず、鶴見川サイクリングロードから現地までのルートについて、住宅街を抜けていくのですが、案内表示板が無いので、スマホのGoogleマップを確認しながら(ながら運転はしていません。)向かいました。
      現地に到着して管理者(シルバー人材派遣の方)がいますが、入館無料 正面に博物館の一部展示室がありますが、展示観覧は数分で終わってしまいます。
      続いて休憩室は、できたばかりで、テーブル席が、数か所 カウンターがあるが、自動販売機が設置していないことと、町田の観光箇所のパンフレットのみがるだけでした。
      休憩室の反対側は、会議室と倉庫室だけ。
      事務の方には、現地までの行き先看板がないので改善必要があると指摘をしましたが、やはり市の管理上
      なのでご意見・要望として受け付けますとのことでした。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-05-05 00:00:58