• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.05.02(水)
    Post:0 Tweet:25 Like:0

    国指定史跡「高ヶ坂石器時代遺跡」覆屋建替が完了し、残るは周囲整備工のみに

    kogasaka20180424_1.jpg kogasaka20180424_2.jpg
    <写真>建て替えが完了した牢場遺跡部分の新覆屋
    武相太夫さんからお送り頂いた写真です。ありがとうございます。
    成瀬街道の国指定史跡「高ヶ坂石器時代遺跡」で、覆屋建替工事が開始
    成瀬街道沿いの国指定史跡「高ヶ坂石器時代遺跡」史跡公園として一部開園の続きです。

    高ヶ坂2丁目の成瀬街道(都道140号川崎町田線)沿いにある
    国指定史跡「高ヶ坂石器時代遺跡の牢場遺跡部分では、施設老朽化に伴って、
    2017年10月から覆屋を建て替える「牢場遺跡覆屋建築工事」が着工していましたが、
    その建築工事が今春完了し、牢場遺跡は新覆屋外側からの見学が再開されました。
    →場所はコチラ(東京都町田市高ヶ坂2-43 [旧住所:高ヶ坂1416])

    kogasaka20170409_4.jpg
    高ヶ坂石器時代遺跡は、牢場・稲荷山・八幡平の3地点からなる縄文時代の集落跡で、
    今からおよそ90年近く前の1925年(大正14年)の調査時に牢場遺跡付近において発見され、
    1926年(大正15年)2月24日に日本初の敷石住居跡発見第1号として国史跡に指定されました。

    kogasaka20180424_4.jpg
    町田市では2014年3月に策定した「国指定史跡高ヶ坂石器時代遺跡保存管理計画」に基づき、
    史跡公園の整備を進めており、2017年4月には稲荷山遺跡部分で公園整備(一期)が完了し、
    園内にはベンチや看板も設置されました。

    約半年かけて、覆屋を建て替え

    kogasaka20170423.jpg
    <写真>牢場遺跡部分の旧覆屋(解体前の外観)
    今回の工事では、牢場遺跡 敷石住居跡の遺構保護の為に覆われていた覆屋(おおいや)が
    施設老朽化に伴って、全面建て替えが行われ、旧覆屋は2017年10月中に解体されました。

    kogasaka20171119.jpg kogasaka20171203.jpg
    kogasaka20171223.jpg kogasaka20180101.jpg
    <写真>覆屋建替工事の様子(2017年11月~2018年1月)
    旧覆屋解体後は、新覆屋の建設が始まり、2017年11月~12月には基礎工事が、
    12月中旬には足場が組まれ覆屋の建築工事が進められてきました。

    kogasaka20180113_1.jpg kogasaka20180113_2.jpg
    <写真>覆屋建替工事の様子(2018年1月中旬)
    そして、年明けの2018年1月中旬には覆われていた新覆屋の足場がすべて外されましたが、
    今回の工事完了により、牢場遺跡部分の立ち入りが再びできるようになりました。

    高ヶ坂石器時代遺跡整備建築工事(牢場・稲荷山遺跡)は、(株)愛川建設が施工を担当し、
    国内外の文化財保存修復を手掛けている(株)ざエトスもこれらの工事に携わっていたほか、
    高ヶ坂石器時代遺跡整備工事(2期)として同時期に実施された遺跡土木工事は、
    地元造園業者の(株)東京綜合造園が工事を担当しました。

    2018年7月からは「遺跡周囲整備工事」が着工へ

    kogasaka20180424_3.jpg
    <写真>牢場遺跡の現況(2018年4月現在)
    今後、牢場遺跡では遺跡周囲の整備工事が、2018年7月から着工予定であるほか、
    この場所から少し離れたところにある八幡平遺跡でも来年度に整備工事が完了する計画です。

    工事情報
    [1] 高ヶ坂石器時代遺跡整備建築工事
       (牢場・稲荷山遺跡)
    [2] 高ヶ坂石器時代遺跡整備工事(二期)
    施工場所: 東京都町田市高ヶ坂2-43
    [旧住所:高ヶ坂1416]
    アクセス:町田バスセンター・成瀬駅より
    「熊野神社前」バス停下車
    工期:[1] 2017年10月~2018年春
    [2] 2017年12月~2018年春
    施工概要:[1]
    ・既存覆屋解体工事
     (木造、平屋建て、延床面積約50㎡)
    ・公園の休憩所兼遺跡覆屋新築工事
     公園の休憩所と配石遺構の保護を目的とした覆屋
     (木造・平屋建て、延床面積80.98㎡)

    [2]
    ・牢場・稲荷山遺跡土木工事
     敷石住居跡遺構保護、砕石浸透層、植生土のう、
     硬質・軟質土質舗装、雨落整備工事
    事業主:町田市
    施工業者:[1] 株式会社愛川建設
    [2] 株式会社東京綜合造園
    用途地域:
    • 第二種中高層住居専用地域
    • 第一種低層住居専用地域
    ※いずれも2018年05月02日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    投稿者
    投稿スペシャル(No.81:武相太夫さん)
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    0件
    現在、コメントはありません。
    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-05-02 00:00:00