• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    変わりゆく町田の街並みより、サイト運営のご支援に関するお願い 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連記事
    新型コロナの影響により、5月は「不定期更新」となります。
    通常体制に戻るまで、どうか皆様お許しください。
    ホーム
    2017.06.23(金)
    Post:4 Tweet:9 Like:0

    玉川学園地区の「玉ちゃんバス」7/1(土)から、東ルートは増便・南ルートは減便へ

    tamachan20170622_1.jpg tamachan20170622.png
    <写真>玉川学園前駅南口に停車中の南ルートと東ルートの玉ちゃんバス
    玉川学園地区の「玉ちゃんバス」新車投入に伴い、古参のCNGバスが1台廃車に
    玉川学園地区を走る「玉ちゃんバス・南ルート」7/16(土)から3ヶ所にバス停新設への続きです。

    玉川学園地区のコミュニティバス「玉ちゃんバスで、
    2017年7月1日(土)にダイヤ改正されることになり、
    東ルートは増便される一方、南ルートは減便となります。

    町田市では、玉ちゃんバスの利用状況を踏まえて運行回数と時刻を見直すことになり、
    利用者が多い東ルート(平均乗車人数は1便26人前後)は増便されることになった一方、
    利用者が伸び悩んでいる南ルート(平均乗車人数は1便4人前後)については、
    運行開始1年半で減便を余儀なくされました。

    今回のダイヤ改正では、玉川学園前駅南口を発着する2ルートが対象で、
    東ルートは平日39便→48便、土日祝30便→38便(日中は1時間2~3便程度)に増便し、
    南ルートは平日36便→25便、土日祝36便→24便(日中は1時間1便程度)に減便となり、
    玉川学園前駅(北口)発着の北ルートは現行のままで変更はありません。
    (※東ルートは日中の一部便が「こすもす会館」経由)

    このように東ルートと南ルートで利用者数に差がある背景には、
    東ルートは沿線に人口の多い地区や昭和薬科大学があり、運行距離も長い為、
    2007年の運行開始以降、小型車の定員いっぱいに乗客が乗ることも多いですが、
    南ルートは全区間住宅地を通り、運行距離も非常に短い(1周約2.6km)ことから
    利用者が伸び悩み、日中には乗客が一人も乗らない状態で運行していることもありました。

    (※黒船さん情報ありがとうございます。)

    路線情報
    町田市玉川学園地域コミュニティバス
    玉ちゃんバス・東ルート
    玉ちゃんバス・南ルート
    運行区間: [東ルート]
    東京都町田市玉川学園~東玉川学園~玉川学園
    (玉川学園前駅南口~昭和薬科大学~玉川学園前駅南口)
    [南ルート]
    東京都町田市玉川学園7・8丁目
    (玉川学園前駅南口~松見ヶ丘南~玉川学園前駅南口)
    改正日:2017年7月1日ダイヤ改正
    運行本数:
    • 東ルート

    • 改正前
      平日39本土曜休日30本
      改正後
      平日48本土曜休日38本
    • 南ルート

    • 改正前
      平日36本土曜休日36本
      改正後
      平日25本土曜休日24本
    路線延長:[東ルート] 不明
    [南ルート] 約2.6km
    所要時間:[東ルート] 1周25~31分
    [南ルート] 1周20分
    運賃:現金:大人180円、小児90円
    IC:大人175円、小児88円
    運行担当:小田急バス 町田営業所
    ※いずれも2017年06月23日時点での情報です。
    地図
    CLOSE
    全画面
    路線バス
    ダイヤ改正(路線バス)
    玉川学園コミュニティバス「玉ちゃんバス」(路線バス)
    小田急バス(路線バス)
  • 路線バス
  • ダイヤ改正(路線バス)
  • 玉川学園コミュニティバス「玉ちゃんバス」(路線バス)
  • 小田急バス(路線バス)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    4件
    1. 元西新井住民 (2017年08月31日 22:08)

      以前は東と南で車両が固定されていましたが、ポンチョが東に入る一方、南にCNGが入るようになっていますね。

    2. 感謝感激雨あられ (2017年09月03日 22:58)

      時刻表の時間設定が、少々謎です。10分も空かないで設定されていたり、20分以上空いていたり、朝は特に10分に1本、15分に1本と、等倍で出していただくのは難しいでしょうか。乗る電車の時刻より20分も早く着くバスしかなく、(次のバスだと間に合わない)時間がもったいないです。朝は特に。何か理由があるのでしょうか。

    3. エルガーラミオ (2017年09月04日 21:59)

      →感謝感激雨あられさん
      バスの時刻表を見た感じ、東ルート(朝は2台)と南ルートが駅前の乗り場・降り場で極力被らないようにしている感じのダイヤに見えます。
      例えて言いますと、Aのバスが駅前乗り場を使用しているときはBのバスが手前の駅前降車場で待機、先発したCのバスは住宅地内を運行中といった感じです。

      これが日中だったらさほど問題にはならないのでしょうが、朝は南が1台、東が2台運用なので、南口側では合計3台が駅と住宅街を行ったり来たりしている状態です。
      東と南では1周の時間も異なるため、これ以上ダイヤをいじるとすれば、南ルートを減らすか廃止もしくは駅前にちゃんとしたバス乗り場を造らない限り、この問題は解決しないように思います。
      でも後者のちゃんとしたバス乗り場を造るというのは、開発を嫌う玉川学園駅前地区の特性上、難しい気がします。今も北口にペデストリアンデッキを作るか作らないかで色々と揉めてますし。

    4. 藤の台団地住民 (2018年08月25日 11:58)

      先日、玉川学園駅前~朝日公園まで初めて玉ちゃんバス乗りました。
      急こう配の狭い坂道や対向車とすれ違い不能の狭い道。
      住宅街の中、そんな道を走る玉ちゃんバスにまた乗りたくなります。
      乗客も品のいい方ばかりで、降車の際、運転手さんにお礼を言ってるのも
      普通の路線バスにないモロ地域密着型小型電気バスならではと、好感が持てます。
      2年後くらいに市立博物館が芹が谷公園に引っ越したら、その跡地に玉ちゃんバスの
      団地ターミナルをぜひ作ってもらって、玉川学園駅への足を確保してほしいです。
      団地は年配者が多くて玉川学園駅までの徒歩は、アップダウンが激しく、体がついていきません。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2017-06-23 00:00:58