• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2019.05.20(月)
    Post:8 Tweet:12 Like:0

    イオンつきみ野店跡地で「マンション」や「スーパー」など建設進む。スーパーは今秋開業へ

    aeon20190506.png
    <地図>イオンつきみ野店跡地の土地利用計画図
    開業から17年「イオンつきみ野店」店舗建替で、2/28(水)閉店。映画館は撤退にの続きです。

    県道50号座間大和線(座間街道) 坂上公園入口交差点角にあり、
    2018年2月28日(水)をもって閉店したイオンつきみ野店」跡地では現在、
    大型マンションやイオン系スーパーなどの建設工事が進められています。
    →地図を表示(神奈川県大和市つきみ野1-6-1)

    aeon20170930_2.jpg
    <写真>2018年に閉店し、解体された「イオンつきみ野店」(写真は営業当時)
    イオンつきみ野店(2000年11月9日開業)は、総合スーパー・専門店・映画館が入居した
    イオンリテール運営の大型商業施設でしたが、店舗建替を理由に開業から17年程で閉店し、
    映画館(シネマコンプレックス)はこの場所から撤退となりました(再出店予定無し)

    跡地東側には「大型分譲マンション」が2021年完成へ

    aeon20190506_1.jpg
    <写真>工事が進められているイオンつきみ野店跡地のマンション予定地
    跡地の面積は34,566.14㎡と広大ですが、このうち店舗跡地東側の土地(22,842.35㎡)には、
    地上14階建て・総戸数604戸の大型分譲マンション「グランアリーナレジデンスの建設工事が
    準大手ゼネコンの「長谷工コーポレーション」が施工する形で2018年10月頃から着工しており、
    第1工区は2021年2月下旬に完成予定第2工区は2021年8月下旬に完成予定です。
    →地図を表示(神奈川県大和市つきみ野1-6-9)

    aeon20190506_2.jpg aeon20190506_3.jpg
    <写真>イオンつきみ野店跡地に掲出されたマンション計画の看板と計画図
    事業主は名鉄不動産・近鉄不動産・京阪電鉄不動産・JR西日本プロパティーズといった
    西日本の鉄道系不動産業者4社で、イオン跡地の約6割近い土地をマンションが使用する形で、
    入居後は小田急江ノ島線・東急田園都市線「中央林間駅」への居住者専用シャトルバスを運行予定で、
    今春からは近隣のホームセンター「コーナン中央林間店」内に「モデルルーム(予約制)」もオープンしています。

    跡地南西側には「イオン系スーパー」が2019年10月開業へ

    aeon20190506_4.jpg aeon20190506_5.jpg
    <写真>イオンつきみ野店跡地の食品スーパー予定地。交差点の角地に位置する。
    一方、イオンリテールとしては建替前よりも施設規模を大幅に縮小し、跡地南西側の土地(3,305.80㎡)に
    同社の「食品スーパーマーケット(地上1階建て)」として出店予定で、こちらは2019年10月にオープンします。
    →地図を表示(神奈川県大和市つきみ野1-6-1)

    aeon20190506_6.jpg aeon20190506_7.jpg
    <写真>イオンつきみ野店跡地に掲出された食品スーパー計画の計画図
    建替後の敷地面積は、建替前の1/10程度の規模になり、こちらは生川建設が施工し、
    2019年4月から工事が着工されており、以前のような大型総合スーパーとは異なり、
    食品スーパー業態が主体の施設となる見通しです。

    残りの土地には「戸建住宅」や「医療施設」を建設へ

    aeon20190506_8.jpg
    そして、残りの土地では、跡地北西側の大部分(7,448.55㎡)に総戸数49戸の「戸建住宅を建設し、
    戸建住宅とスーパーに挟まれた土地には、クリニックや薬局を主体とする「小規模医療施設を建設します。
    →地図を表示(神奈川県大和市つきみ野1-6-27)

    aeon20190506_9.jpg aeon20190506_10.jpg
    <写真>イオンつきみ野店跡地に掲出された戸建住宅計画の看板と計画図
    こちらはまだ工事着工には至っていませんが、2019年度内には工事が着手すると見られており、
    戸建住宅については住宅分譲・不動産仲介業者「ナイス」が事業主となっています(施工業者は未定)

    これら宅地開発等により、今後この場所には約2,000人規模の住民が住むことになる為、
    建設中のマンション敷地内には「保育施設」も開設される予定です(開設時期未定)

    CLOSE
    全画面
    開店情報
    スーパー
    スーパー(開店情報)
    イオン(スーパー)
  • 開店情報
  • スーパー
  • スーパー(開店情報)
  • イオン(スーパー)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    8件
    1. ドコモだけ (2019年05月19日 21:00)

      マンションは要らない!。

    2. 二重橋博士 (2019年05月19日 21:05)

      確かに

    3. ンゴ (2019年05月20日 00:54)

      こんなところにマンション建てる意味なくない?

    4. るる (2019年05月20日 01:21)

      この感じだと、居住者向けの小さなスーパーって感じですね。

    5. ガッ (2019年05月20日 08:11)

      戸建だけじゃ増加人口少ないからね
      都市計画としていろいろ作るんだからマンションは必要
      とはいえそもそも人が集まるかどうかは別だけどw

    6. 二重橋博士 (2019年05月20日 21:04)

      勿体無いな。
      前は遠方から客来てたのに。

    7. (2019年05月21日 03:36)

      此処らの座間街道沿いはマンション銀座ですね。

    8. (2019年05月26日 13:49)

      そして10年20年後にゴーストマンション街になるわけだ・・・

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-05-20 00:00:58