• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    変わりゆく町田の街並みより、サイト運営のご支援に関するお願い
    ホーム
    2019.04.01(月)
    Post:2 Tweet:12 Like:0

    中町1丁目の「市立町田第一中学校」校舎建替で、4月から仮設校舎に

    machida-dai1jhs20190331_1.jpg
    中町の「旧町田消防署」解体工事開始。跡地に町田一中の代替グラウンドを整備への続きです。

    町田街道 中町一丁目交差点角の「町田市立町田第一中学校」が、
    校舎建替工事に伴って、2019年4月から仮設校舎に移転します。
    →地図を表示(東京都町田市中町1-27-5)

    50年前後使用してきた現在の鉄筋校舎。2021年に新校舎完成へ

    machida-dai1jhs20180823_1.jpg machida-dai1jhs20180823_3.jpg
    町田第一中学校は、1947年(昭和22年)に開校した町田市中心部にある公立中学校で、
    市内では2番目に生徒が多いマンモス校(1学年6~8学級、市内最大のマンモス校は鶴川二中)ですが、
    現校舎は1962年(昭和37年)~1972年(昭和47年)にかけて増築しながら現在まで使用してきました。

    machida-dai1jhs20180823_4.jpg
    <画像>新校舎の完成予想パース(町田市HPより)
    今回の改築事業では、現校舎を建て替えるもので、2021年9月に新校舎で授業開始予定ですが、
    一般利用者向けにも開放されている温水プール完備の体育館棟(1989年竣工)は、
    建て替え対象に含まれない為、工事期間中も現状と同じように使用できます。

    4月から校庭に設置された「プレハブ校舎」を使用開始

    machida-dai1jhs20190331_2.jpg machida-dai1jhs20190331_3.jpg
    2018年8月から校庭を閉鎖して、プレハブの「仮設校舎(大和リースが施工)」が建設されましたが、
    2019年4月から現校舎を閉鎖し、仮設校舎で授業を開始し、2021年夏までの約2年半に渡って使用し、
    新校舎に移転後は2022年3月までに仮設校舎を撤去する計画です。

    同校には合計19の部活があり、そのうち11が運動部で、周辺中学校にはない「水泳部」もありますが、
    校庭に仮設校舎が設置されたことで、校舎建替と仮設校舎撤去が完了するまで校庭が使用できないことから、
    体育の授業や部活動は、本町田の町田木曽住宅そばにある「後田グラウンド(本町田少年サッカー場)」および
    中町3丁目の町田消防署旧本署跡地に暫定整備される「町田第一中学校 中町グラウンド」を使用する方針で、
    中町グラウンドは2019年7月使用開始される予定です(中町グラウンドは2022年2月まで使用予定)
    【後田グラウンド】→地図を表示(東京都町田市本町田2678-8)
    【中町グラウンド】→地図を表示(東京都町田市中町3-2-19)

    工事情報
    町田市立町田第一中学校改築工事
    施工場所: 東京都町田市中町1-27-5
    工期:2019年4月上旬~2022年2月下旬
    施工概要:用途:中学校
    敷地面積:15,111.72㎡
    建築面積:増築部4,225.11㎡、全体5,630.56㎡
    延べ面積:増築部11,605.83㎡、全体15,704.89㎡
    構造:RC造(一部PRC造、S造)
    基礎工法:既成コンクリート杭
    階数:地上4階
    高さ:16.85m
    事業主:町田市
    施工業者:村本・イワヲ特定建設工事共同企業体
    用途地域:
    • 第二種中高層住居専用地域
    • 近隣商業地域
    ※いずれも2019年04月01日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    行政関連
  • 行政関連
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    2件
    1. 高ヶ坂民 (2019年04月01日 03:45)

      なんか複雑な気分。
      私が通っていた小・中学校、消えてしまいましたから。
      それはともかく、災害時の避難場所にもなりますから、より良き建物になりますように。

    2. るっく (2019年04月01日 09:15)

      時代の流れを感じさせますね。
      高度成長期の第二次ベビーブームに対応するため、どんどん作った校舎がそろそろ寿命を迎えているんですね。

      話は変わりますが、この前、山崎団地内の元「忠生第6小学校」近くを通ったのですが、
      維持管理はしているのでしょうけれども使っていない建物は朽ちるのが早いのか、
      白い外壁は雨の流れた跡が変色し、日曜の午後だというのにグランドに子供の姿は無く、物悲しい雰囲気を醸していました。
      それに比べれば、通う生徒が居て立て替えられる学校の方が良いと思います。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-04-01 00:00:58