• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.08.26(日)
    Post:0 Tweet:22 Like:0

    中町の「旧町田消防署」解体工事開始。跡地に町田一中の代替グラウンドを整備へ

    machida-firesta20180823_1.jpg
    木曽団地内に「町田消防署(新本署)」が完成し、11/21(火)に中町から移転開署の続きです。

    2017年11月に本町田(木曽団地内)の新本署へ庁舎移転したことで、現在は使用されていない
    中町3丁目の「東京消防庁町田消防署 旧本署」で、2018年7月から庁舎解体工事が開始され、
    跡地には「町田第一中学校 中町グラウンドが整備されます。
    →場所はコチラ(東京都町田市中町3-2-19 [旧住所:南大谷1503])

    machida-firesta20180823_2.jpg
    1963年(昭和38年)5月31日から約54年に渡って使われた旧本署ですが、
    現在行われている工事は「東京消防庁町田消防署旧庁舎(30)解体工事」で、
    東京消防庁が発注し、工事施工は有限会社リ・ワークスジャパンが担当しており、
    9月は煙突内の断熱材で使用されているアスベスト(アモサイト)の除去も行い、
    2018年12月17日までの工期で解体が行われます。

    本格的に始まった「町田一中」の校舎改築事業

    machida-dai1jhs20180823_1.jpg machida-dai1jhs20180823_2.jpg
    現在、近隣の「町田市立町田第一中学校」では老朽化した校舎の改築事業が進められていますが、
    同校では2018年8月から校庭を閉鎖して「仮設工事建設工事(大和リースが施工)」が施工中で、
    2019年4月から現校舎を閉鎖して、仮設校舎で授業を開始予定です。
    →場所はコチラ(東京都町田市中町1-27-5)

    machida-dai1jhs20180823_3.jpg
    町田第一中学校は、1947年(昭和22年)に開校した町田市中心部にある公立中学校で、
    市内では2番目に生徒が多いマンモス校(1学年6~8学級、市内最大のマンモス校は鶴川二中)ですが、
    現校舎は1962年(昭和37年)~1972年(昭和47年)にかけて増築しながら現在まで使用してきました。

    machida-dai1jhs20180823_4.jpg
    <画像>新校舎の完成予想パース(町田市HPより)
    今回の改築事業では、現校舎を建て替えるもので、2021年9月に新校舎で授業開始予定ですが、
    一般利用者向けにも開放されている温水プール完備の体育館棟(1989年竣工)は、
    建て替え対象に含まれない為、工事期間中も現状と同じように使用できます。

    代替グラウンドは「後田グラウンド」をはじめ、数ヶ所を使用

    ushiroda-ground20180823.jpg
    <写真>代替グラウンドの「後田グラウンド(本町田少年サッカー場)」
    校舎改築工事中は、前述の仮設プレハブ校舎を設置する関係で、校庭が使用できなくなるため、
    代替グラウンドとして、体育の授業は市が木曽団地東側に後田小学校予定地(計画凍結中)として所有し、
    現在まで運動場として暫定利用されている「後田グラウンド(本町田少年サッカー場)」を使用する予定で、
    学校から約2km程度離れているため、市が委託した送迎バスを使って移動します。
    【後田グラウンド】→場所はコチラ(東京都町田市本町田2678-8)

    machida-dai1jhs20180824.png
    <地図>校舎改築工事中の周辺グラウンド利用予定図(当初案、町田市HPより)
    同校には合計19の部活があり、そのうち11が運動部で、周辺中学校にはない「水泳部」もありますが、
    部活動については後田グラウンドに加えて、近隣小学校(町田一小、町田四小)や町田市民球場、
    協和発酵キリン株式会社東京リサーチパーク施設内テニスコートなどの利用を当初は予定していましたが、
    近隣小学校では2017年度から新たな形でスタートした「放課後子ども教室 まちとも」の利用者増加が著しく、
    小学校の校庭を使った部活利用が難しい状況(部活に必要な面積・時間の確保が困難)となっていました。
    (※町田シバヒロに関しては、利用予約の入っていない時間帯に限り、部活動の準備運動等で使用予定)

    旧消防署跡地に、町田一中の「代替グラウンド」整備へ

    machida-dai1jhs20180823.png
    <図面>旧消防署跡地に整備するグラウンドの配置図(町田市HPより)
    そこで、2018年7月に東京都による解体等のスケジュールが明確化した旧町田消防署跡地について、
    部活等の利用を想定した工事期間中の代替グラウンドとして、その他のグラウンド等と併用して
    暫定的に活用するために「町田第一中学校 中町グラウンド」を市が整備することになりました。

    旧消防署跡地に整備されるグラウンドの運動場面積は約2,300㎡で、
    住宅地側(敷地裏手)に駐車スペース(約270㎡、4~5台分)とトイレ(洋式便所4台)を設け、
    運動場の周囲に防球フェンス(高さ5m)を、駐車スペースにネットフェンス(高さ1.5m)を設置します。

    2019年1月~2019年6月の約半年をかけて、中町グラウンドの整備工事を進めていき、
    2019年7月から中町グラウンドを使用開始し、改築工事がすべて終了する2022年2月まで使用予定です。

    工事情報
    [1] 東京消防庁町田消防署旧庁舎(30)解体工事
    [2] 町田第一中学校中町グラウンド整備工事(仮称)
    施工場所: 東京都町田市中町3-2-19
    [旧住所:南大谷1503]
    アクセス:町田バスセンターより
    「町田第一小学校入口」バス停下車
    工期:[1] 2018年7月26日~2018年12月17日
    [2] 2019年1月~2019年6月(予定)
    施工概要:[1] 解体工事
     敷地面積:2,697.36㎡
     解体工事:
      ア:本体解体
       第1庁舎、第2庁舎、作業所等
      イ:電気設備解体 一式
      ウ:機械設備解体 一式
      エ:外構解体 一式
    [2] グラウンド整備工事
     運動場、トイレ、駐車場整備
    事業主:[1] 東京消防庁
    [2] 町田市
    施工業者:[1] 有限会社リ・ワークスジャパン
    [2] 未定
    用途地域:
    • 第二種中高層住居専用地域
    ※いずれも2018年08月26日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    行政関連
    東京消防庁(行政関連)
  • 行政関連
  • 東京消防庁(行政関連)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    0件
    現在、コメントはありません。
    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-08-26 00:00:58