• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2018.12.26(水)
    Post:5 Tweet:17 Like:0

    神奈中バス・大和営業所、1/16(水)ダイヤ改正。町92・高ヶ坂団地線がやや減便

    <追記>
    神奈中バスより詳細が公式発表されましたので、内容を追記しました。

    kanachu20181225_1.jpg
    神奈川中央交通東 大和営業所(鶴間車庫)では、2019年1月16日(水)にダイヤ改正を行い、
    町田市内では「町92・町田ターミナル・バスセンター~高ヶ坂団地線」がやや減便となるほか、
    その他の地域で運行している所管路線でも減便や時刻変更などが実施されます。

    大和営業所といえば、町田市内では南地域(成瀬・金森・南町田など)の路線を担当していますが、
    今回市内路線で唯一運行本数が見直される町92系統は、町田駅とJKK高ヶ坂団地を結ぶ唯一の路線で、
    高ヶ坂団地バス停は折返場が非常に狭い為、常駐警備員がバスを誘導して転回させることで知られています。

    kanachu20181225_1.png
    全盛期には高頻度で運行されていた同路線も、団地の人口減少などで徐々に減便が進められ、
    今回の改正では夕方・夜の時間帯に運行される便を毎時1本減便(往路・復路とも)することになり、
    特に平日の帰宅時間帯は、町田TM発高ヶ坂団地行きが現行の毎時4本から毎時3本に縮小されます。

    【改正前】
    町92・町田TM・BC→高ヶ坂団地・・・平日47本、土曜38本、休日36本
    町92・高ヶ坂団地→町田BC・・・平日49本、土曜38本、休日35本

    【改正後】
    町92・町田TM・BC→高ヶ坂団地・・・平日43本、土曜36本、休日34本(平日4本、土休日2本ずつ減便)
    町92・高ヶ坂団地→町田BC・・・平日47本、土曜36本、休日33本(各2本ずつ減便)

    kanachu20181225_2.png
    ちなみに町92の運行本数削減は、2010年1月に行われたダイヤ改正以来、約9年ぶりのことで、
    昨今はバス業界全体の運転士不足もあり、神奈中の他の営業所でも本数削減が行われています。

    横04(鶴間駅~横浜駅線)は平日1往復のみに

    kanachu20181225_3.jpg
    また、小田急江ノ島線 鶴間駅から横浜駅を結ぶ長距離路線「横04・鶴間駅東口~横浜駅西口線は、
    並行する区間路線「間01・鶴間駅東口~鶴ヶ峰駅線」に振り替える形で大幅減便されることになり、
    ダイヤ改正後の横04は平日1往復のみとなります(事実上の免許維持路線化)

    kanachu20181225_4.jpg
    横04は運行距離が片道約20kmと、神奈中路線の中でも淵24(淵野辺駅北口~登戸線)や
    町28(まちっこ相原ルート・町田ターミナル~青少年センター入口線)などと並ぶ長距離路線として
    鶴間~横浜間を1時間以上かけて結んでおり、現行では1時間1本程度運行されている状況ですが、
    改正後は間01に振り替える為、最初の支払から120分以内に鶴ヶ峰駅で別系統の横浜駅西口行きを含む
    対象路線に乗り継いだ場合は、2019年1月16日(水)から新たに「ICカード乗り継ぎ割引」が適用されます。

    <乗継割引金額>
    ・大人210円
    ・小児110円
    ・大人障がい者110円
    ・小児障がい者60円

    <乗継対象系統>
    ・[横04] 鶴間駅東口~鶴ヶ峰駅~横浜駅西口
    ・[横52] 中山駅~鶴ヶ峰駅~横浜駅西口
    ・[間01] 鶴間駅東口~亀甲山~鶴ヶ峰駅
    ・[峰03] 中山車庫~千丸台団地~鶴ヶ峰駅
    ・[5] 若葉台中央~鶴ヶ峰駅~横浜駅西口
    ※上記系統以外は乗継割引の対象になりません。

    その他のダイヤ改正路線

    その他に、南林間駅とイオンモール座間を結ぶ林03がやや減便(小田急相模原駅側は減便なし)され、
    町田市内ではつくし野・成瀬駅発着路線の「つ01・つ03」で時刻変更(数分程度の調整)を行うほか、
    以下の路線で時刻変更が行われます(中山営業所路線を含む)

    【減便路線】
    ・[林03] 南林間駅~ひばりヶ丘~イオンモール座間

    【時刻変更路線】
    ・[つ01] つくし野駅~成瀬駅~成瀬台
    ・[つ03] つくし野駅~成瀬駅~東玉川学園四丁目
    ・[小02] 小田急相模原駅~ひばりヶ丘~南林間駅
    ・[綾76] 相武台前駅~さがみ野駅北口
    ・[海10] 相武台前駅~海老名駅西口
    ・[下02] 相武台下駅~さがみ野駅北口
    ・[瀬03] マークスプリングス~瀬谷駅
    ・[間12] 鶴間駅~西回り~大和駅西口
    ・[間01] 鶴間駅東口~鶴ヶ峰駅
    ・[5] 若葉台中央~鶴ヶ峰駅~横浜駅西口
    ・[23] 若葉台中央~十日市場駅
    ・[115] 若葉台中央~鶴ヶ峰駅
    ・[峰02] 十日市場駅~若葉台中央~鶴ヶ峰駅
    ・[横52] 中山駅~鶴ヶ峰駅~横浜駅西口
    ・[中53] 中山駅~鶴ヶ峰駅
    ・[中55] 中山駅~中山車庫
    ・[峰03] 鶴ヶ峰駅~中山車庫

    (※ヨタローさん、ガマさん情報ありがとうございます)

    路線バス
    ダイヤ改正(路線バス)
    神奈川中央交通(路線バス)
  • 路線バス
  • ダイヤ改正(路線バス)
  • 神奈川中央交通(路線バス)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    5件
    1. ドコモだけ (2018年12月26日 07:55)

      減便は人口減少ではなく、バス運転手の人手不足も影響していると思う。

    2. 町田市最南端民 (2018年12月26日 23:04)

      よく瀬谷区の笹原バス停から横浜駅まで小旅行気分で乗っていたので横04が免許維持になってしまうのは悲しい。
      ただ横04が間01に振替かつ割引が210円なので実質本数倍増と考えると喜ばしいニュースでもある。

    3. 黒船 (2018年12月27日 09:46)

      横04が走る国道16号は渋滞が常態化し、定時運行に支障が生じている状態でした。これを考えると鶴ヶ峰駅の系統分割はやむを得ないところでしょう。横04以外に他にも国道16号を走る路線は多くあり、今回導入される鶴ヶ峰での乗り継ぎ割引の利用状況を鑑みたうえで、他にも鶴ヶ峰などの系統分割の増加など再編成に向かう可能性も否定できません。

    4. 南町田までバス利用 (2018年12月28日 00:36)

      中山営業所(鶴ヶ峰周辺系統)の路線が減便してるわけですが。
      定時運転困難とか運転手不足とか言われてるけど、
      時間帯によっては乗客(特に高齢者)は結構多いから
      逆に積み残しが心配です。

    5. 武相太夫 (2019年01月23日 00:00)

      いつの頃からか、もう19時台から駅からの往路便は乗客を乗せて来て、駅方面への復路便は回送運行で帰る便が増えていますね。
      運行効率、人件費削減、等理由は色々あるのでしょうが不意な来客の帰宅などに不便を感じます。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2018-12-26 00:00:58