• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2019.03.22(金)
    Post:6 Tweet:30 Like:0

    東京でもついに開花!毎年恒例の「2019町田さくらまつり」3/23(土)から開催

    sakura20181201_1.jpg
    <写真>2018年春の尾根緑道の様子。桜と菜の花の組み合わせを楽しめることで有名。
    町田市内の「ソメイヨシノ」見頃を迎える。恩田川や菅原神社など、桜の様子を紹介。の続きです。

    桜の開花時期に合わせて行われる「2019町田さくらまつり」が、
    2019年3月23日(土)~4月7日(日)まで開催されます。

    町田さくらまつりは毎年春に、町田市内の3会場で開催される
    町田有数の大規模イベントで、3会場合計で毎年約10万人が訪れます。

    今年は恩田川会場で、他会場よりも日程を早めて開催

    sakura20181201_2.jpg
    <写真>恩田川・会下山橋の桜並木(成瀬7丁目、2017年撮影)
    2019年も2018年と同様に、先行して開催されるのは恩田川会場のみで、
    芹ヶ谷公園会場と尾根緑道会場は後半からの開催を予定しています。

    なお、恩田川会場は例年通り全4日間に渡って開催する予定ですが、
    今年は芹ヶ谷公園・尾根緑道会場よりも日程早めて開催されます。

     【恩田川会場】
     日時:2019年3月23日(土)・24日(日)・30日(土)・31日(日) 10:00~17:00
     場所:町田市立総合体育館裏(南成瀬5-12)、町田市立成瀬弁天橋公園(成瀬8-11)
     アクセス:総合体育館は成瀬駅から徒歩約5分、弁天橋公園は成瀬駅から徒歩約13分

     【芹ヶ谷公園会場】
     日時:2019年4月6日(土)・7日(日) 10:00~16:00
     場所:町田市立芹ヶ谷公園 多目的広場(原町田5-16)
     アクセス:町田駅から徒歩約10分(小田急線・JR横浜線)

     【尾根緑道会場】
     日時:2019年4月6日(土) 10:00~16:00 / 7日(日) 10:00~15:30
     場所:尾根緑道(常盤町・種入~下小山田町・大賀藕絲館)
     アクセス:町田バスセンター14番から町38・町39系統で「尾根緑道入口」下車(直行バス運行予定あり)

    sakura20190321.jpg
    <写真>恩田川・会下山橋から見た現在の様子(成瀬7丁目、2019年3月21日撮影)
    21日(木)には東京でも開花宣言が気象庁から発表されましたが、
    恩田川の桜は一部開花しているものの、まだ見頃前といった状況ですが、
    これから数日は連日、町田でも気温が上昇する予報が出ていることから、
    一気に花が咲いてくれそうですね。

    イベント情報
    2019町田さくらまつり
    開催日時:[1][2] 2019年3月23日(土)・24日(日)・
         30日(土)・31日(日)(10:00~17:00)
    [3][4] 2019年4月6日(土)・7日(日)
    (10:00~16:00、尾根緑道は最終日15:30終了)
    会場: [1] 恩田川会場1
    (東京都町田市南成瀬5-12 町田市立総合体育館裏)
    [2] 恩田川会場2
    (東京都町田市成瀬8-11 町田市立成瀬弁天橋公園)
    [3] 芹ヶ谷公園会場
    (東京都町田市原町田5-16 町田市立芹ヶ谷公園)
    [4] 尾根緑道会場
    (東京都町田市常盤町~下小山田町 尾根緑道)
    アクセス:[1] JR横浜線 成瀬駅北口より徒歩約5分
    [2] JR横浜線 成瀬駅北口より徒歩約13分
    [3] 小田急線・JR横浜線 町田駅より徒歩約10分
    [4] 町田バスセンターより「尾根緑道入口」下車
    備考:町田市内の3会場で開催される地元有数の
    大規模イベント(開催当日は会場に出店等あり)
    ※いずれも2019年03月22日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    イベント情報
    町田さくらまつり(イベント情報)
    町田市立芹ヶ谷公園(イベント会場)
    町田市立総合体育館(イベント会場)
  • イベント情報
  • 町田さくらまつり(イベント情報)
  • 町田市立芹ヶ谷公園(イベント会場)
  • 町田市立総合体育館(イベント会場)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    6件
    1. ドコモだけ (2018年12月02日 03:27)

      暖冬傾向があるので、開花が早まりそう。1週間程度早めに開催した方がいいのでは?。

    2. 春一番 (2018年12月02日 18:57)

      今年は木枯らしすら吹かなかった暖冬の東京ですが、
      恩田川会場は2日間の日程が未定ということは、もしかしたら例年より1週間くらい早い開催の可能性も高そうですね。
      今年のさくらまつりが想定よりも早咲きでしたからねぇ・・・。

      にしても綺麗な写真ですね、癒されます。尾根緑道は一度は行っておきたいなぁ。

    3. おとなの町田っ子 (2018年12月02日 23:01)

      ホント、きれい!
      もし「町田の四季」とかいうカレンダーがあったら絶対どれか採用されそう!
      ココを見つけたとき、まず感じたことだけど
      知っている風景もココの写真だと何割増しか素敵に見える(笑)

    4. 武相太夫 (2018年12月06日 21:20)

      尾根緑道はそうでも無いみたいですが、
      いつも恩田川のさくらでは根元がむき出しになっているのが気になります。
      落ち葉も時間が経てば腐葉土として柔らかい用土になるのに、沿道の落ち葉を根元まで整備業者がキレイに掃除してしまうので根元がむき出しに、土も固く踏み固められています。
      これではさくらは可哀想。
      プロの整備業者がこの事を知らない訳がないので東京都の南多摩東部建設事務所側の問題なんでしょうね。

    5. 名無し (2018年12月28日 17:47)

      >落ち葉も時間が経てば腐葉土として柔らかい用土になる・・・って、何年掛かるのか分かってる?
      それまで固い土の上に落ち葉が留まっているとでも?

    6. 高ヶ坂民 (2018年12月29日 05:00)

      腐葉土の話。武相大夫さんの話は一般論、特に花見の名所での問題をここに持ってきたことで、現状とそぐわない形になってしまったかと。
      恩田川沿いの桜、土の部分が「表面的」にはほとんど無いのです。

      恩田川の桜並木北端、高瀬橋の近所におりますが、現状では桜の成長力が優っており、歩道のアスファルトが桜の成長に伴い、各所で地面が根の走る方向に盛り上がって、凸凹になっています。

      今後は、ソメイヨシノの管理-樹齢問題と後継樹種ですか。最近ではジンダイアケボノへの転換もちょっと話題になっていますね。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-03-22 00:00:58