• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2015.06.02(火)
    Post:2 Tweet:12 Like:0

    2016年春の完成に向けて「相原駅西口広場」2015年6月から整備工事着手へ

    <追記>相原駅西口広場は、2016年3月28日(月)から使用開始となります。
    最新記事:http://machida-road.seesaa.net/article/435030285.html

    aihara20150530_1.jpg aihara20150530_2.jpg
    相原駅西口近くの「町田3・4・49号相原南北線」と「市道堺853号線」が開通
    「JR相原駅西口」バスロータリー整備に先駆け、歩道部分が先行して完成の続きです。

    JR横浜線 相原駅西口で町田市が進めている西口広場整備事業ですが、
    2015年6月から広場整備工事が着手されます。
    →場所はコチラ(東京都町田市相原町)

    今回の工事では、相原駅西口広場の歩道と車道を全域に渡って舗装し直し、
    街路樹(高木はケヤキとハナミズキを合計11本、低木はツツジとサツキを1096本)を植え、
    横断防止柵(ガードパイプ)・街路灯・擁壁などを設置し、完成形に近い状態に仕上げます。

    計画では西口広場内には、駅舎に隣接する形でバス乗り場を2ヶ所、
    駅舎の西側にバス降車場を2台分とタクシー乗り場をそれぞれ設置するほか、
    広場中央部にはバス待機スペースとタクシー待機スペースをそれぞれ設ける予定です。

    この他、バス乗り場と駅舎出口を繋ぐ部分には新たに屋根を設けることになっていますが、
    今回の工事では設置されないようで、今後発注される工事で設置される計画となっています。

    aihara-busstop20130721.jpg
    <写真>法政大学行きなどが出ている相原バス停
    相原駅西口広場は2016年春ごろの完成を目指しており、
    完成後は町田街道沿いにある「相原バス停」がこの西口に機能移転してくる予定で、
    相原バス停は機能移転後、大部分が大戸踏切立体化による道路予定地となることから、
    バス停自体が廃止される可能性が高く、この風景が見れるのも残り1年程となりそうです。
    →場所はコチラ(東京都町田市相原町)

    西口周辺の道路整備も進む

    aihara20150530_3.jpg aihara20150530.png
    そして、相原駅西口周辺の道路も去年あたりから少しずつ整備が進んでおり、
    相原駅西口から東西に延びる「都市計画道路 町田3・4・47号相原駅西口線」が、
    2015年5月下旬に暫定開通し、自動車の通行が可能となりました。
    →場所はコチラ(東京都町田市相原町)

    今までは歩道と車道の一部は、生活道路を兼ねていた関係で通行できたものの、
    それ以外の箇所は用地取得の遅れや整備予算の都合からなかなか工事が進まず、
    通ることができませんでした。

    aihara20150530_4.jpg
    <写真>町田3・4・47号線と町田3・4・49号線が交わる交差点から撮影
    今回の開通で町田街道から相原駅西口まで繋がり、
    駅前に待機しているタクシーなどが抜け道として利用していたようですが、
    通れることがまだ周知されていないためか、交通量は非常に少ないものの、
    早ければ1年後には、ここを路線バスが行き交うことになっているんでしょうね。

    現在はセンターラインなどが引かれておらず、暫定的な状態での開通ですが、
    2015年夏にも町田3・4・47号相原駅西口線全線で道路築造工事を実施する計画です。

    この工事では車道・歩道舗装や横断防止柵・街路樹・街路灯等の設置を行う予定で、
    今月実施される入札がうまくいけば、2015年末ごろまでには整備を終える見通しです。

    町田3・4・49号線・町田街道が拡幅完了

    aihara20150530_5.jpg
    <写真>八千代銀行相原支店前の交差点から撮影
    町田3・4・47号相原駅西口線と同様に、相原駅西口へのアクセス道路として、
    町田街道から南北に延びる「都市計画道路 町田3・4・49号相原南北線」では、
    2013年6月に大部分が開通して以降、1年半ほど大きな動きはありませんでしたが、
    未完成だった町田街道と交わる八千代銀行前の交差点で、2014年冬から拡幅が始まり、
    こちらは一部の電柱移設を残すのみとなり、拡幅自体は2015年5月下旬に完成しました。
    →場所はコチラ(東京都町田市相原町)

    aihara20150530_6.jpg aihara20150530_7.jpg
    <写真>八千代銀行前の交差点から撮影(左:町田方面、右:西橋本方面)
    この拡幅工事では、未完成だった町田3・4・49号線交差点部分の整備と同時に、
    町田街道も今後増える右折車の渋滞対策を目的とした車道拡幅が施されたほか、
    従来までは町田街道のみに設置されていた信号機が、町田3・4・49号線にも増設され、
    現在は黄色いカバーで覆われているものの、今後使用を開始するものとみられます。

    m3336aihara20150530.jpg
    <写真>町田街道沿いに設置された町田3・3・36号線の事業に関する看板
    なお今回の町田街道の拡幅は、あくまでも町田3・4・49号線の開通に対応する為のもので、
    現在用地取得が進められている大戸踏切立体化の際には、再度拡幅が実施される計画で、
    沿線にある「サイゼリヤ町田相原店」などが立ち退き対象に含まれています。
    →JR相原駅前の「大戸踏切」渋滞解消を目的に、立体交差化が事業着手

    「町田3・4・49号線」町田街道以南の一部も整備完了に

    aihara20150530_8.jpg aihara20150530_9.jpg
    この他、町田3・4・49号相原南北線は今回、町田街道以南の区間(相模原市方面)が、
    延長約70mが整備され、残るは相模原市側の部分と町田市側の一部のみとなりました。
    →場所はコチラ(東京都町田市相原町)

    「境川・相原橋」は、2016年度以降に架け替えへ

    aihara-b20150530_1.jpg aihara-b20150530_2.jpg
    aihara-b20150530_3.jpg aihara-b20150530_4.jpg
    都県境の境川に架かる「相原橋」は今後、町田3・4・49号線の新橋梁架設に伴って、
    現橋梁は廃止される予定で、これが実質的に相原橋の架け替えと位置付けられています。
    【現・相原橋】→場所はコチラ(東京都町田市相原町~相模原市緑区相原1丁目)
    【新橋梁予定地】→場所はコチラ(東京都町田市相原町~相模原市緑区相原1丁目)

    この架け替えは町田市ではなく、神奈川県が河川管理者のため、
    相模原市の予算で行われる予定で、2016年度以降に工事を行う計画です。
    この架け替えが計画通り進めば、あと数年の現在の相原橋は姿を消すことになります。


    <写真>道路予定地で建設が進むアパート(Googleストリートビューより)
    そんな町田3・4・49号相原南北線と相模原3・4・17号相原大沢線ですが、
    未整備の相模原側は現在、相模原市が用地取得を進めていると思われていましたが、
    2015年2月に撮影されたGoogleストリートビューでは、道路予定地のど真ん中に、
    新しいアパートを建設している様子が写っており、これがもし事実だとすれば、
    町田市~相模原市間の道路整備に今後、大きく影響するものと思われます。
    →場所はコチラ(神奈川県相模原市緑区相原1-12-17)

    aihara-osawa20150530.jpg
    ちなみにこの道路が開通した場合、神奈川中央交通 峡の原操車所がある
    津久井広域道路 西橋本4丁目交差点まで道路が1本で繋がることになり、
    圏央道 相模原IC(相模原市緑区小倉)へのアクセスが向上するほか、
    先日開通した「相原元橋本立体」との連携も図れそうです。
    →「圏央道 相模原IC」と「津久井広域道路」3/29(日)正午開通!
    →JR横浜線下の「相原元橋本立体」と、峡の原車庫脇の「相原大沢線」が開通!

    その相原元橋本立体ですが、2015年3月29日(日)に開通した本線部に続き、
    建設中だった側道部も2015年5月29日(金)正午に開通となりました(歩道の一部を除く)
    これで大部分が工事完了し、残るは側道北側の一部歩道(2015年8月供用開始予定)と
    エレベーター設置(2015年10月末ごろ使用開始予定)のみだそうです。

    工事情報
    相原駅西口広場整備工事(その4)
    施工場所: 東京都町田市相原町
    工期:2015年6月下旬~2016年1月21日
    施工概要:相原駅西口広場(工事面積 A=5,620㎡)

    境石工(一般部、歩道乗入部) 188.8m
    車道舗装工(t=55cm) 1,977㎡
    車道舗装工(t=55cm、半たわみ) 325㎡
    歩道舗装工(一般部、t=24cm) 1,765㎡
    高木植栽工(ケヤキ、ハナミズキ) 11本
    低木植栽工(ツツジ、サツキ) 1,096本
    横断防止柵 162.4m 
    縦断管工(直線部、曲線部、呼径300) 55.2m
    歩車道境界ブロック工(155、155SF) 62.0m
    道路照明工(各種) 19箇所
    空胴ブロック積工(H=200~600) 69.9m
    プレキャスト擁壁工(H=800~2,600) 41.5m
    車道舗装工(t=40cm) 157㎡
    歩道舗装工(自然石脱色部、t=14cm) 128㎡
    安定処理工(スタビライザ混合) 2,454㎡
    ベンチ(各種) 9基
    歩道舗装工(各種) 28㎡
    事業主:町田市
    施工業者:株式会社イワヲ建設
    ※いずれも2015年06月02日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    都市計画道路
    タクシー
  • 都市計画道路
  • タクシー
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    2件
    1. 黒船 (2015年06月03日 08:27)

      西口が整備されて、相原大沢線が全通すれば、ひょっとすると大戸方面のバス路線が峡の原管轄に変更されるかもしれません。津久井(城山・三ケ木)からの出庫は時間がかかることを考えると、峡の原車庫からダイレクトに直行できれば、定時発着も増えて来るかと思いますし、大戸方面へのアクセスも向上するのではないでしょうか。神奈中の事業再編も絡んでくるので、進捗と動向が注目されます。

    2. 法政大学多摩 (2015年06月07日 16:37)

      相原駅の完成を早期実現してください。完成をしたら、相原ー法政間に、ツインライナーの、運行を実現お願いします

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2015-06-02 00:00:58