• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2020.11.29(日)
    Post:12 Tweet: Like:

    町田駅前の商店街「原町田中央通り」無電柱化へ。舗装や街灯など通りのリニューアルも

    machida20201126_1.jpg
    JR町田駅前有数のメインストリート「原町田中央通りでは、
    町田市が電線類を地中化する「無電柱化の計画を進めており、
    2021年度から準備工事に着手予定です。
    →地図を表示(東京都町田市原町田4丁目・6丁目地内)

    商店街から電柱を無くし、舗装や街灯もリニューアルへ

    machida20201126.png
    <画像>整備先行地区の位置図と言葉の定義(町田市資料より)
    これが町田市が2016年に策定した「町田市中心市街地まちづくり計画」に基づき、
    歩いて楽しい「町田らしい商店街」プロジェクトの先行地区として沿道のまちづくりの検討を進め、
    その中で同商店街の原町田中央通り交差点~町田市民フォーラム前までの延長約300mなどに
    電線類を地中の電線共同溝に埋設したうえで無電柱化を進め、併せて沿道空間を活用するもので、
    2019年度には5回のワークショップと通りを使った社会実験が開催されました。

    machida20201126_2.jpg
    <画像>舗装整備後の原町田中央通りの全体イメージ(町田市資料より)
    終日11~19時には時間帯交通規制によって、商店街への車両進入を禁止(許可車両を除く)し、
    歩行者天国として開放される同商店街は、飲食店やアニメショップなど様々なお店が営業していますが、
    電線・電柱のない街路空間の実現に合わせ、一体的な舗装整備や街路灯の一新などの景観整備、
    車両の進入や速度の抑制に同時に取り組むことで、歩行者主体の歩きやすい通りを目指しており、
    2021年度から段階的に工事を始め、最終的には2027年度に全整備が完了する見通しです。

    machida20201126_3.jpg
    <写真>建て替えによってセットバックした、今秋完成のビル(原町田6丁目・バグース跡地)
    近年は沿道のビル老朽化に伴う建て替えにより、建物のセットバックが徐々に進められていた同商店街ですが、
    店舗と道路空間を一体的に捉え、店舗の個性や魅力を活かした歩行者が歩いて楽しい通りの実現を目標にし、
    2020度は建物のセットバック空間をどう使うか運営方法も含め、より具体的な検討を進めていくことになり、
    今後は改めて市民などと議論する場として、同計画などに関する「オープン会議」を開催予定です※
    (※新型コロナの影響で、11月に開催予定の会議は2021年1月下旬以降に開催延期)

    一部商店街では既に無電柱化。セットバック空間利用には課題も

    machida20201126_4.jpg
    <写真>既に無電柱化が完了している「町田パークアベニュー商店街」
    実は町田駅前の商店街で既に無電柱化が実施されたケースが存在し、その代表例として
    金融機関や大型商業施設などが建ち並ぶ駅寄りの「町田パークアベニュー商店街」があり、
    セットバック空間の大部分が歩道や地上機器設置スペースとして活用されている一方、
    一部はビル側の都合に伴って、テナントの店舗スペースとして使用されているところも多く、
    原町田中央通りで計画されているようなセットバック空間活用はあまり行われていません。

    今回計画される原町田中央通りの沿道地権者、建物所有者、テナント事業者(1階の事業者のみ)に対し、
    同商店街のセットバック空間の活用についてアンケートを取ったところ、多くの回答者が「活用したい」と答えた一方、
    一部からは「活用したくない」もしくは「どちらとも言えない」との回答もあり、ビルへの車椅子出入り空間確保のためや
    元々ビルの間口が狭いため空間の活用が難しいなど、個々の事情が理由として挙げられています。

    その他にも、夜間の治安悪化を懸念してベンチ・椅子等は固定しないで撤去できるようにといった意見や
    活用は営業時間内に限るなどの要望、ごみ問題なども指摘されており、今後のルール作りが課題となりそうです。

    地図
    閉じる
    全画面
    投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    12件
    1. 名無し (2020年11月28日 22:11)

      邪魔な呼び込みも無くしていきましょう。

    2. 本町田住民 (2020年11月28日 22:12)

      近年頻発してるゲリラ豪雨や大雨台風で
      電線地中化ってのも、リスクあるんだよな

    3. 情報屋 (2020年11月28日 22:37)

      >本町田住民さん
      浸水想定区域だと、地上機器の浸水対策の必要が出てくるかと思いますが、この通りは少なくとも過去に浸水したという話を聞いたこともありませんし、ハザードマップでも浸水想定区域ではないため、むしろ無電柱化したほうが強風・地震等の災害対策になるのではないでしょうか。
      基本的に地上機器さえ浸水しなければ、地中の電線類は防水仕様なので水没しても問題ありません。

    4. 元町田民 (2020年11月29日 02:58)

      アーケード的な屋根があると雨の日も買い物が捗ると思ったことが何度もありますね
      昔の道幅のままだから難しいでしょうけど道路に沿うように歩ける道だし
      ダイエーあたりまでの誘導路にもなったと思う
      無電柱化は景観が少しすっきりするだけかなって気がしないでもない
      どうせ道を掘り返すならついでに建物の前もバリアフリーになるようちょっとした段差をなくしてもらえると歩きやすくなるかも

    5. 芹が谷公園の夜は危険 (2020年11月29日 03:52)

      確かに最近呼び込みは多い。飲み屋なら未だしも夕方以降は風俗系で卑猥な言葉を使いながら近付いてくる。子連れとかいるのに流石町田としか言いようがない。町田市には嘆願書出したけど動かないだろうね。

    6. 南成瀬民 (2020年11月29日 04:54)

      電線地中化と災害時の浸水問題

      まずは、市民ならとっくに配布されているハザードマップを確認で済む事かと。
      また、国土地理院サイトの地図で、標高と河川の位置を確認すれば、対処方法は想定できる。
      過去の事例を確認すれば、境川沿いが顕著で、鶴見・恩田の両河川はさほどではない。
      ゲリラ降雨を考慮に入れても、これからの施工なら対策済みかと。

      で、記事に先例が。
      「実は町田駅前の商店街で既に無電柱化が実施されたケースが存在し、その代表例として
      金融機関や大型商業施設などが建ち並ぶ駅寄りの「町田パークアベニュー商店街」があり、~」

      賛否の論戦はともかく、まずは「きちんと記事を読む」事から始めて欲しいなあ♪

    7. よそ者 (2020年11月29日 09:16)

      町田市やるうって言われたいんだろうけど、それより前に大踏切なんとかしろ!竹ノ塚並みに人身事故ないと腰上げないんだろうけど。

    8. ワカメ鮭 (2020年11月29日 09:33)

      あとはパワーのある店舗の誘致が課題。盛り上がって欲しい。

    9. (2020年11月30日 04:00)

      いいね
      ぜい地中化は進めてほしい

    10. ラーメン大好き (2020年11月30日 11:17)

      よそ見しているのが悪いけど、ローソンの看板の囲いにぶつかる。

    11. たろう (2020年11月30日 11:17)

      交番前の客引きと喫煙
      警察は見て見ぬふり
      電柱よりまずこれだろ

    12. やっすぃ (2020年11月30日 23:33)

      セットバック空間が無い店の前だと、折りたたみ式の三角看板等が公道に堂々と置かれていて、道幅が狭くなり、車が通る際に詰まり易くなったりする。
      一方で、セットバック空間が設けされて、沿道空間に余裕が有る場所は、それら障害物に成り得る物が沿道空間内に置かれていて、安全。
      何を売っているのか、何を提供しているのかアピールしたいのは分かる。沿道空間が確保されて、歩行の邪魔にならない形でそれらが設置出来る様な構造になったら良いのに。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2020-11-29 00:00:58