• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    ホーム
    2019.02.18(月)
    Post:0 Tweet: Like:

    【レポート】町田の「テロ災害合同訓練」特殊救急車なども登場し、多くの人で賑わう

    machida20190217.jpg
    JR町田駅前の原町田大通りを2時間に渡って封鎖して
    町田消防署・町田警察署共同の「テロ災害合同訓練が、
    2019年2月17日(日) 昼ごろに実施され、多くの家族連れなどで賑わいました。
    →地図を表示(東京都町田市原町田6丁目)

    machida20190103_1.jpg
    これは、2020年夏に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、
    消防と警察が連携して行う合同訓練で、原町田大通りを封鎖して「爆破テロを想定した対応訓練」を実施し、
    会場では東京消防庁音楽隊の演奏や、普段はなかなか見られない消防警察車両展示などのイベントも行われ、
    駅前での合同訓練実施は、2008年8月の「町田市総合防災訓練」以来、約10年半ぶりのこととなります。

    迫力のある訓練を間近で披露

    machida20190217_1.jpg machida20190217_2.jpg
    <写真>原町田大通り封鎖時の様子(左は浄運寺前交差点、右はJR町田駅前交差点付近)
    当日は午前10時半ごろから警察が「原町田大通り」を全面封鎖(交通規制中、路線バスは迂回運行)し、
    浄運寺側では警察のサインカーが、駅側ではテロ対策でも出動が多い大型輸送車(エルガミオ)が用いられ、
    予定通り午前11時から、町田センタービル(レミィ町田)前で、爆発音とともに爆破テロ訓練が開始されました。

    machida20190217_3.jpg machida20190217_4.jpg
    machida20190217_5.jpg machida20190217_6.jpg
    <写真>警察による爆破テロ対応訓練(上段)と、消防による救助訓練(下段)
    最初に警察による爆発物の処理などが披露(機動隊の爆発物処理班が出動)され、
    その後は消防がビルに取り残された要救助者をはしご車を使って救助する高所救助訓練や
    救助隊員によるビル壁面の懸垂下降、ビルへの一斉放水などが行われ、計30分ほどで終了しました。

    machida20190217_7.jpg
    <写真>会場で披露された「東京消防庁音楽隊・カラーガーズ演技」
    訓練終了後は町田市の石阪市長の挨拶などを挟み、11時50分ごろから当初のスケジュール通り、
    東京消防庁音楽隊の演奏に合わせて、消防のカラーガーズ隊による演技が披露されました。

    珍しい消防警察車両が登場!展示や内部見学も

    machida20190217_8.jpg machida20190217_9.jpg
    <写真>東京消防庁の「VR防災体験車」。国内に1台しか存在しない珍しい車両。
    また、訓練以外にも市民参加型のイベントとして、珍しい消防警察車両(約20台)の展示や見学、
    まちかど防災訓練車による初期消火体験、東京消防庁のVR防災体験車を使った災害疑似体験など、
    親子でも楽しめる内容が多く、特に今回登場したVR防災体験車は、トラック内に設置されたシートに座り、
    装着したヘッドマウントディスプレイの映像を通して地震・火災・風水害の災害を疑似体験できるというもので、
    東京消防庁が2018年に1.3億円をかけて造った車両です(ベース車両は「いすゞ・ギガ」)

    machida20190217_10.jpg machida20190217_11.jpg
    machida20190217_12.jpg machida20190217_13.jpg
    machida20190217_14.jpg machida20190217_15.jpg
    <写真>東京消防庁に2台存在する特殊救急車「スーパーアンビュランス(8-AS・80066)」
    また、大規模災害及び多数傷病者発生時などの災害現場でボディを左右に拡張することにより、
    最大約40㎡のフラットな床面になり、最大8床のベッド数を備える特殊救急車「スーパーアンビュランス」が
    東京都立川市の東京消防庁第八方面消防救助機動部隊から出張し、展示と内部見学も行われました。

    machida20190217_16.jpg machida20190217_17.jpg
    <写真>会場でも大人気だった「日産・フェアレディZパトカー(高速28)」
    そして、警察からも珍しい車両として、警視庁に3台配備されている
    「日産・フェアレディZパトカー(Z34型・NISMO仕様)」が展示され、
    子どもから大人まで人気を博していました。

    machida20190217_18.jpg machida20190217_19.jpg machida20190217_20.jpg
    machida20190217_21.jpg machida20190217_22.jpg machida20190217_23.jpg
    machida20190217_24.jpg machida20190217_25.jpg machida20190217_26.jpg
    この他にも会場には、普段はなかなか見ることができない珍しい車両が数多く登場し、
    当日は日曜日ということもあり、会場には多くの親子連れの姿が目立ちました。

     【掲載車両解説】
     [1枚目] 高規格救急車(忠生・A24033)・病院救急車(南町田病院)・特殊救急車(8-AS・80066)
     [2枚目] 30m級はしご車(町田・L26103)
     [3枚目] 救助車(町田・R24128)
     [4枚目] 特殊災害対策車除染車(9-CS2・C24109)
     [5枚目] 特殊災害対策車偵察車(9-CS3・C24114)
     [6枚目] VR防災体験車(東京消防庁)
     [7枚目] 爆発物処理車(警視庁第三機動隊)
     [8枚目] 小型警備車(警視庁第三機動隊)
     [9枚目] 大型輸送車(警視庁)
     ※上記以外にも、普通ポンプ車や消防団の小型ポンプ車など、複数車両が訓練に参加。

    3/2(土)には「町田消防署」でもイベント実施へ

    machida-firesta20190301_2.jpg
    ちなみに町田市内では、町田消防署本署(本町田)でも「消防署であそぼう!わくわく体験フェスタ」が
    2019年3月2日(土) 10:00~14:00に開催予定で、消防車・はしご車への乗車や初期消火体験、
    さるびあ亭かーこさんの防災かみしばいなど、同消防署では移転後初の大型イベント実施となります。
    →場所はコチラ(東京都町田市本町田2380-3)

    イベント情報
    テロ災害合同訓練
    開催日時:2019年2月17日(日) 11:00~12:30
    会場: 原町田大通り
    (東京都町田市原町田6丁目)
    アクセス:JR横浜線 町田駅北口より徒歩1分
    備考:1.テロ災害合同訓練(11:00~11:30)
     爆破テロを想定した対応訓練
    2.市民参加型訓練(11:30~12:30)
     VR車体験、まちかど防災訓練車体験、
     東京消防庁音楽隊の演奏、消防警察車両展示
    ※いずれも2019年02月18日時点での情報です。
    地図
    閉じる
    全画面
    イベント情報
    原町田大通り(イベント会場)
    東京消防庁(行政関連)
    警視庁・神奈川県警察(行政関連)
  • イベント情報
  • 原町田大通り(イベント会場)
  • 東京消防庁(行政関連)
  • 警視庁・神奈川県警察(行政関連)
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    0
    コメント
    0件
    現在、コメントはありません。
    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷やなりすまし等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-02-18 00:00:58