• イベント/
    行政・災害
    イベント/
    行政・災害
  • 町田市堺・忠生
    町田市堺・忠生
  • 町田市鶴川・町田
    町田市鶴川・町田
  • 町田駅周辺
    町田駅周辺
  • 町田市南部・相模原
    町田市南部・相模原
  • 
    変わりゆく町田の街並みより、サイト運営のご支援に関するお願い
    ホーム
    2019.10.26(土)
    Post:4 Tweet:14 Like:0

    新駅舎建設など、駅前再整備で「鶴川駅前公園」閉鎖へ。今年度より公園撤去に着手

    tsurukawa20191023_1.jpg
    「鶴川駅周辺再整備事業」北口・南口広場の整備概要を公表。駅舎改築や駅ビルも
    鶴川駅の「駅舎リニューアル工事」2022年着工を目指す。エスカレーター等の新設もの続きです。

    町田市が計画を進める「鶴川駅周辺再整備事業に伴って、
    鶴川駅東側にある街区公園「町田市立鶴川駅前公園が、
    2019年11月11日(月)をもって閉鎖を予定しています。
    →地図を表示(東京都町田市能ヶ谷1-231)

    tsurukawa20190321_1.png
    <地図>鶴川駅周辺再整備事業の計画平面図(2019年3月時点)
    町田市では安全で便利な交通と快適で賑わいある駅前空間を実現することを目的に
    2016年10月に策定した「鶴川駅周辺再整備基本方針」に基づき、駅南北自由通路や
    駅北口交通広場、駅南口土地区画整理等の整備を計画中ですが、その再整備事業に伴い、
    再整備区域に隣接する鶴川駅前公園を閉鎖し、現在の公園を撤去することになりました。

    tsurukawa20191023_2.jpg
    公園撤去工事は、早ければ2019年11月下旬にも着工する見通し(入札中)で、
    樹木伐採や公園設備の撤去後は用地管理柵を設置して、市が土地を管理しますが、
    再整備事業時には現公園とは別の場所に公園の再設置を計画しています。
    <追記>撤去工事は「株式会社東京綜合造園」に業者が決まりました。

    tsurukawa20190321_3.png
    <画像>今後の計画スケジュール(2019年3月時点/町田市公表資料より)
    なお、町田市が今年公表した現時点での工事スケジュールによれば、
    北口交通広場整備工事は2021年度着工予定、2024年度以降に完成予定、
    南北自由通路整備工事は2022年度着工予定、2024年度以降に完成予定、
    鶴川駅駅舎改良工事(新駅舎設置)は2022年着工予定、2024年度完成予定、
    南口土地区画整理事業は2022年着工予定、2026年度完了予定としています。

    工事情報
    鶴川駅前公園撤去工事
    施工場所: 東京都町田市能ヶ谷1-231
    アクセス:小田急線 鶴川駅北口より徒歩
    工期:2019年11月以降~2020年3月上旬(予定)
    施工概要:工事面積 A=850㎡
    埋戻し V=830㎥
    ベンチ撤去工 N=3箇所
    テーブル撤去工 N=1箇所
    スツール撤去工 N=5箇所
    ロッキング遊具撤去工 N=2箇所
    園内灯撤去工 N=2本
    高木伐採工 N=26本
    高木抜根工 N=32本
    用地管理柵設置工 L=126.5m
    簡易舗装工 A=26㎡
    事業主:町田市
    施工業者:株式会社東京綜合造園
    用途地域:
    • 商業地域
    ※いずれも2019年10月26日時点での情報です。
    CLOSE
    全画面
    行政関連
  • 行政関連
  • 投稿者
    シェアするリンクタグ
    1
    コメント
    4件
    1. ページ (2019年10月26日 01:08)

      後々困らないように相模大野ぐらいまで土地買収出来るなら、駅2面4線化して欲しいけどねえ。
      小田急に売るつもりないし、小田急が買うつもりもないって感じかな。

    2. ばいぱす (2019年10月26日 14:02)

      岡上跨線橋が渋滞するときにどこが抜け道になるかを考えて整備してほしいですね。それと鶴川駅1番線の新宿方ホーム幅を今の3倍くらいに広げてほしいですね。

    3. 町田のたかし (2019年10月27日 16:21)

      新駅舎の工事が始まるのに伴い
      1。鶴見川沿いサイクリングロードが、工事中どのようになるのか心配です。
      2。鶴川駅の上り1番線のホームについては、今から45年前、小田急多摩線の開業以前鶴川駅は
      相対式のホームで、次の柿生駅が当時2面4線の島式ホームでした。
      しかし、小田急多摩線の開業に伴い、列車ダイヤの増加に伴い、
      優等列車の混雑により 鶴川駅の上り1番線(副本線)の増設をすることになった。
      それ以来、45年が経ち人口も増加し、ホームも当時のままです。

    4. やっすぃ (2019年10月30日 05:32)

      高架化の上、島式ホーム2つ、4番線化なんて事になったら南北の行き来もし易く、事故の際に柔軟に対応出来そう。高架化は特になって欲しいな。
      南側のタクシー、バス広場の東側に設置される道路だけれども、都県境、市境の所為で、境で区切られた中途半端になってしまうのは残念。川崎市側に建物があれど、一体となった計画になって欲しいな。

    このコメント機能は、上記の記事に関する話題のみとさせていただいております。
    (※URLを本文中に書き込むことはできませんので、ご注意ください。)

    お名前
    (必須)
    ※赤い項目が未入力の為、投稿できません。
    コメント
    ※誹謗中傷等の不適切な書き込みはご遠慮ください。
    この内容でコメントを投稿しますか?
    コメントを投稿しています。しばらくお待ちください。
    記事以外の話題は、当サイトの掲示板をご利用ください。
    掲示板
    管理人はコメントへの返信を行っていませんので、管理人宛てのメッセージは、メールをお送りください。
    お問い合わせ
    [Update] 2019-10-26 00:00:58